WWE・2020.10.4・NXTテイクオーバー31・試合結果・PART1【北米王座戦~クルーザー級王座戦】

WWE・NXT・2020年10月4日(日本時間10月5日)・NXTテイクオーバー31( NXT TakeOver 31 )の試合結果・PART1、動画まとめ!

関連:WWE・2020.10.4・NXTテイクオーバー31の対戦カード

9月30日・NXTの試合結果はコチラ!

NXT北米王座戦

〇[王者]
ダミアン・
プリースト
レコニング

vs

× ジョニー・

ガルガノ

今夜のテイクオーバー31の会場はパフォーマンスセンター改めキャピトルレスリングセンター」( Capitol Wrestling Center

ダミアン・プリースト選手が場外トペを決めるとセキュリティに激突。

レフェリーがセキュリティの容体を確かめていると、ジョニー・ガルガノ選手が背後から急所蹴り!

そしてリングに戻すと、スーパーキック、ガルガノエスケープで追い詰める。

ジョニー・ガルガノ選手がスリングショットDDTを狙うが、ロープ際でダミアン・プリースト選手が捕獲。

ダミアン・プリースト選手がロープを利用したレコニングで勝利、NXT北米王座防衛!

KUSHIDA vs ドリーム

〇 KUSHIDA
ホバーボード
ロック

vs
× ベルベティーン・
ドリーム

KUSHIDA選手は今大会がテイクオーバー初出場!

まずはベルベティーン・ドリーム選手が入場すると、背後からKUSHIDA選手が奇襲を仕掛けて試合開始。

ホバーボードロック狙いのKUSHIDA選手は左腕を集中攻撃。

ベルベティーン・ドリーム選手がパープルレインメーカーを決めるも、左腕の痛みでフォールが遅れてカウント2!

そして再びパープルレインメーカーを狙うと、KUSHIDA選手が雪崩式ホバーボードロック!

ベルベティーン・ドリーム選手がドリームバレードライバーで反撃を試みるも、KUSHIDA選手は腕を離さずホバーボードロックでギブアップ勝ち!

KUSHIDA選手はテイクオーバー初出場&初勝利!

試合後、KUSHIDA選手はさらにアームバーでベルベティーン・ドリーム選手を暴行。

NXTクルーザー級王座戦

〇[王者]
サントス・
エスコバル
フェイスバスター

vs

× アイザイア・

スコット

サントス・エスコバル選手がスーパーキックからファントムドライバー!

アイザイア・スコット選手もハウスコールからの450スプラッシュで反撃。

そしてエプロンでの攻防になると、アイザイア・スコット選手の後頭部がコーナーポストに激突。

サントス・エスコバル選手がダブルアンダーフックフェイスバスターで勝利、NXTクルーザー級王座防衛!

10月4日・NXTテイクオーバー31の試合結果・PART2はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA