内藤哲也の「三点セット」、タイチ「新日本、文句あるか」【新日本プロレス・2020.7.1】

新日本プロレス・2020年7月1日・ニュージャパンカップ2020・6日目・トーナメント2回戦のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.7.1・ニュージャパンカップ2020・6日目・トーナメント2回戦【オープニングVTR】

タイチ

トーナメント1回戦でIWGPタッグ王者・棚橋弘至選手に勝利したタイチ選手が、昨夜の2回戦でもう一人のIWGPタッグ王者・飯伏幸太選手も撃破。

IWGPタッグ王者の二人に連勝したタイチ選手が、堂々の王座挑戦表明!

タイチ「新日本プロレスよ、文句あるかこれで。後ろから殴っただけじゃお前らには挑戦権与えねぇつってこういう事やったんだろ。わかってんな。結果出してやった。お前らがやったんだろ。あのまま組んでりゃよ、棚橋と飯伏こんなザマァみたいな格好になんねぇのに、お前ら。別によ、1対1でも良かったんだよ。1勝1敗でも良かったんだよ俺らタッグは。だけどよ、ダメ押しの2勝目だ。俺は王者を2タテした一人だ。もう挑戦はおろか、獲ったとしか。やる必要もない。力の差が出すぎだもうお前らとは。あぁん?お前ら見てて分かんだろ?タッグの挑戦はもはや誰がどうみても。お前どうなんだよ?まだ何か必要か?まだ何か言いたいことあるか?十分だろ。お前みたいなバカでも分かるんだよ。うん、これで十分。

新型コロナウイルスの影響による興行中止が相次ぎ、2月に後ろから殴ってから4カ月以上も経ってしまいましたが、誰よりもタッグ王座挑戦に相応しい結果を残しました。

タイチ選手のNJC2020の結果次第ですが、ドミニオン2020(7月12日)でIWGPタッグ王座戦が組まれることになりそうです。

内藤哲也

内藤哲也選手の得意技であるコーナーミサイル 」(コーナーを利用した串刺し低空ドロップキック)は、LIJメンバーの間では3点セットと呼ばれています。

昨夜も3点セットを狙った内藤哲也選手でしたが、なんとコーナーを飛び越えられずに失敗。

興行再開に向けて新技を用意するなど準備万端に思えた内藤哲也選手も、まだまだ試合勘は戻っていないようです。

内藤「こうして試合間隔を空けながら、俺の場合、1週間に1試合ずつくらいかな?いやあ、調整するのが非常に難しいですよ。まあ、それを言い訳にするつもりはないけどさ。もうちょっと試合馴れ、試合間隔馴れをしたいなあと思いますよ。まあ、それを言い訳にするつもりはないし、連日『新日本プロレスワールド』で『NEW JAPAN CUP』、楽しませてもらってるんでね。言い訳にはしないけど。まあ、今日、あまり言いたくないけどさぁ、三点セット……通称三点セットかな、ミスっちゃったよ。でも、これは試合感覚のズレ、試合してないからこうなっちゃったのかな?まあ、でもさあ、逆に今経験できてよかったかな? これで、この先、大阪城ホールに向けて、もっと気を引き締めて優勝者を待ってられるかな?

2冠王・内藤選手はすでにドミニオン2020(7月12日)でのタイトルマッチが決まっており、NJC2020期間中は1週間に1試合ずつくらい調整するのが非常に難しいとのこと。

体に染みついているはずの3点セットの失敗を見ると心配にもなりますが、さらに気を引き締めるいいキッカケになったと前向きに捉えましょう。

大阪城ホールでのタイトルマッチまで残り3大会、次回の内藤選手の試合ではどこまで試合感覚が元に戻っているかに注目。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA