バーバー矢野復活!高橋ヒロム「バリカン…ヤだ…やりたくない!」【新日本プロレス・2020.6.23】

新日本プロレス・2020年6月23日・ニュージャパンカップ2020・4日目・トーナメント1回戦のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.6.23・ニュージャパンカップ2020・4日目・トーナメント1回戦【オープニングVTR】

矢野通

本日24日に行われるトーナメント2回戦の前哨戦で激突した矢野通選手と高橋ヒロム選手。

大方の予想通り、矢野通選手はヤングライオン時代からの高橋ヒロム選手のトラウマであるバリカンを持参して登場!

試合自体は両者リングアウトによるドローで終わったものの、高橋ヒロム選手は終始取り乱す一方で、矢野通選手は余裕を持ったまま前哨戦を終えました。

矢野「(※手に持ったバリカンを見て笑いながら)ずいぶんビビってるな、オイ!楽しみだな、オイ!明日だ明日!明日!オマエの髪の毛、いい具合に伸びてるなオイ!俺のことが、好きなんだろーーー?

そしてバックステージでは明日=今夜のトーナメント2回戦でバーバー矢野復活を宣言!

高橋ヒロム選手のいい具合に伸びてる赤髪を切り落とす気満々の模様。

高橋ヒロム

(※両足が自由になり、カメラを向いて正座して)面白れぇじゃねぇかよ、矢野通!デカさ。ヘビー級。面白い。正々堂々と、ぶつかり合いましょうか。(※何かに思い当たった表情になり)アレェ?何か忘れてる気がする…。ア~レ~?何か忘れてるぞ、俺……。ぶつかり合い……いや、ぶつかり合いはしたぞ……ぶつかり合い……ぶつかり合いしたっけ?(※髪に手をやり、小声になり)アレ?バリカン……バリカンだ!(※前に突っ伏して)……思い出した!バリカン!……バリカン!……やっぱりヤだ!……やりたくない!……そうだ!……バリカンだった!……そうだった!……そうだった!(※顔を上げると、完全に錯乱した表情でけいれんするように体を跳ねさせ)ウヘヘ……バリカンだった!……ウヘヘヘ……バリカンー!(※と、笑いとも叫びともつかない声を上げながらヨロヨロと控室へ)

矢野通選手が声高らかにバーバー矢野復活を宣言する一方で、高橋ヒロム選手は当時のトラウマが蘇り完全に錯乱状態…

こんな精神状態でトーナメント2回戦を闘い抜けるのか非常に心配。

しかし、9年前に絶対に矢野通を倒すまで諦めねぇと誓った日の悔しさを晴らすためにも、この試合は絶対に負けることはできない。

果たして高橋ヒロム選手に秘策はあるのか、今夜のトーナメント2回戦をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA