中邑真輔、英語と日本語でジグラーを挑発!【WWE スマックダウン・ライブ 2017.4.25】

WWE・SmackDown LIVE 2017.4.25(日本時間4月26日)の試合結果(一部)、動画をご紹介!

スポンサーリンク

独占インタビュー

ルネ・ヤングが中邑真輔選手にインタビューを開始しようとするとドルフ・ジグラー選手が登場!

インタビュアーがジグラー選手に代わり、中邑選手が質問に答えようとするも、マイクを引いて答えさせず。

観客に対して日本語が分からないだろうから彼が言おうとした事を翻訳させてくれと言って、英語で話し始める。

みじめな過大評価された変人だと言われた中邑選手はマイクを奪い、今度は俺が質問する番だと英語で話し始め、先程のジグラー選手同様、質問には答えさせず。

(日本語が)分からない人たちのために、翻訳させてくれと言い、日本語で話し始める。

「ドルフ・ジグラー。確かに良いレスラーだ。でもな、マジで、お前は、”jackass”(=ばか、まぬけ)!」

日本語のマイクに対して観客からは「what?」コール、そして怒るジグラー選手が中邑選手を蹴り上げる。

ジグラー選手のスーパーキックを回避した中邑選手は、そのままリバース・パワースラム!

続けてキンシャサを狙うもジグラー選手はリング外へ退避、先々週に続いて今日も中邑選手に軍配。

シングルマッチ

◯ AJスタイルズ
高角度前方回転エビ固め
vs× バロン・コービン

試合後、解説席にいたWWE・US王者のケビン・オーエンズ選手がAJスタイルズ選手を襲撃。

救出に現れたサミ・ゼイン選手を排除し、AJスタイルズ選手にポップアップ・パワーボム。

スポンサーリンク

ノーDQ戦(反則裁定なし)

◯ ランディ・オートン
RKO
vs× エリック・ローワン

テーブル、竹刀、イス、何を使っても反則なし。

最後はRKOでランディ・オートン選手が勝利!

試合後、次期WWE王座挑戦者のジンダー・マハル選手が登場。

シン・ブラザーズ(旧ボリウッド・ボーイズ)のアシストを受けてフルネルソンスラム、WWE王座のベルトを強奪。

そのままリムジンで会場をあとに。

SmackDown女子王座戦

[王者]ナオミ
ノーコンテスト
vsシャーロット・フレアー

ナタリア選手、タミーナ選手、カーメラ(&ジェームズ・エルズワース)選手が乱入、無効試合のため王座防衛。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA