鷹木信悟のNEVER防衛ロード「無差別に選んでいく」、タイチ「延期だ延期!」【新日本プロレス・2020.2.1・PART2】

新日本プロレス・2020年2月1日・ニュービギニング札幌・北海道立総合体育センター大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.1・ニュービギニング札幌・初日【煽りVTR】

タイチ

本日ニュービギニング札幌・2日目(2月2日)のメインイベントは、オカダ・カズチカ選手とタイチ選手の12年ぶりのシングルマッチ。

昨日1日に最後の前哨戦が行われ、試合後にタイチ選手がアイアンフィンガーフロムヘル&ブラックメフィスト&聖帝十字陵でオカダ選手を完全KOしてしまいました。

延期だ。史上初の延期だ。無理だろ、アイツも。アイツも言い訳ができたろ。知ってんだろ?ドームからボロボロだって。それを情けをかけてやったんだ。もうちょっと休んだらどうだ?優しいだろ、タイチ先輩。いや、おまえからしたら石狩先輩だな。あの頃の優しい先輩のように可愛がってやったもんな。やさしいだろ?明日、延期しようぜ?なぁ、無理して出てくるな。今日も歩いて帰れっかな。悪かったな、やりすぎた。史上初の延期だ。中止と言ってやりてーとこだったけど、まあ俺もアイツを叩きのめす理由があるから延期にしといてやる。北海道みたいなとこでよ、試合なんてできねぇ。おまえらに見せる試合はねーんだよ。延期だ。明日は1日中すすきので遊んでやる。明日のメインイベント、ザック・セイバー対ウィル・オスプレイに変更だ。おまえら楽しみにすんな、終わりだコレで。じゃあなオカダ、いつでもいいぞ!2.4やるか?2.4後楽園。延期だ延期!

なんと心優しい石狩太一先輩からボロボロのオカダ選手に対して延期の提案。

本日のメインイベントは週明け2.4後楽園に延期して、地元・北海道でとことん羽を伸ばすつもりのようです。

なお、残念ながらチケットの払い戻しはありません。

鷹木信悟

鷹木「なんだよ、放送席に小僧がいたろ?小僧が。SHOか?あのヤローが生意気に腕組んで、下から“上から目線”で見てるからよ、“ふざけんな、この小僧”って思って、あいつにとことん見せつけるためにやってやったよ。あれでスイッチ入ったね。最初からスイッチ入ってたけど、まさか放送席にSHOがいたなんてな。このクソ小僧って思って。最高だね。まあ、まだまだあいつは顔じゃねえけどよ
(中略)
-今日は試合後に(次期)挑戦者(に名乗りを上げる選手)は(リングに)上がってきませんでしたけど、現時点で鷹木選手の中でチャレンジャー候補はいるのか?それはこれから考えていくのか?
鷹木「自由だよ、自由。SHOやヘナーレなんかもオレの名前出してるし、オレもオスプレイに『(BEST OF THE)SUPER Jr.』(の決勝)で負けたままだし。『G1』でもね、(負けたままで)借りを返さないといけないヤツもいたから、そういった意味でも、無差別に選んでいくよ。ひょっとしたら海外行くかもしんねし、他団体行くかもしんねえし、可能性とネバー・エンドだ

NEVER無差別級王座を獲得した鷹木信悟選手が、今後の防衛ロードについて無差別に選んでいくと宣言。

今回のバックステージでは次期挑戦者候補として以下の選手の名前が上がりました。

SHO
トーア・ヘナーレ
ウィル・オスプレイ
ジュース・ロビンソン(G1で敗北)
ジェフ・コブ(同上)
ジョン・モクスリー(同上)
内藤哲也(同上)
ジェイ・ホワイト(同上)

また、この試合のゲスト解説を務めたSHO選手は試合後に鷹木選手と睨み合いましたが、NEVER無差別級王座に挑戦表明はしませんでした。

SHO選手が行動を起こすには絶好のタイミングだっただけに、何も起きなかったのは残念でならない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA