YOH「これがトロフィーだ」、BUSHI「勝ったのは俺」【新日本プロレス・2019.12.21・PART1】

新日本プロレス・2019年12月21日・ロードトゥ東京ドーム・年内最終戦・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.12.21・ロードトゥ東京ドーム・年内最終戦・後楽園【ライガー現役最後の後楽園】

BUSHI

BUSHI「聞いたか今の。ああ、見たか?なあ。勝った。勝ったぞ!オイ。ブリティッシュヘビー級チャンピオン、ザック・セイバーJr.。勝ったのは俺だぜ。エンセリオ!マ・ジ・で!

SANADA選手の負傷欠場により、急きょRPWブリティッシュヘビー級王者ザック・セイバーJr.選手とシングルマッチで闘うチャンスが回ってきたBUSHI選手。

見事にそのチャンスを生かし、技ありのブシロールでピンフォール勝ちを奪いました。

もしSANADA選手がレッスルキングダム14(1月5日)に間に合わなかった場合、代打としてBUSHI選手がタイトル挑戦か?

YOH

YOH「よしっ。これが、トロフィーだ。取り返してやったよ。おい、ベルトはな殴るもんじゃねーんだよ。巻くものなんだよ。新日本プロレスのな象徴なんだよ。1.5東京ドームそこにはな、いい風しか吹かないからな。石森、ファンタズモ……勝負だっ!!

パワーストラグル(11月3日)でスーパージュニアタッグ3連覇を成し遂げるも、試合後に優勝トロフィーを強奪されてしまったロッポンギ3K。

1ヶ月以上も優勝トロフィーが手元にない状態が続きましたが、年内最終戦でようやく自分たちの手元に取り戻しました。

ロッポンギ3Kが優勝トロフィーに続いて、IWGPジュニアタッグ王座のベルトも奪還できるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA