タンガ・ロアの新フィニッシャー「OJK」は「オペレーション邪道キラー」【新日本プロレス・2019.11.27】

新日本プロレス・2019年11月27日・ワールドタッグリーグ2019・9日目・アクトシティ浜松大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

後藤洋央紀

後藤「あれで“タッグリーグ集中してます”“まじめにやってます”“真剣にやってます”……どこが集中してんねん?結果見たら、肝心の自分のリーグ戦、負けてしまっとるやん。なにがしたいんや?実行委員会ないの?実行委員会どうなってんの?あんなんフラフラ来られたら、試合ならへんやん。ちゃんとやろう、もう。ちゃんとやろう。ほんとに……。それでもチャンピオンか?恥ずかしくないのかって!何がしたいんや……

NEVER無差別級王者・KENTA選手との抗争が続く後藤洋央紀選手ですが、チャンピオンの言動に相当ストレスが溜まっている様子。

そしてKENTA選手がタッグリーグ、集中してると言いながら3勝4敗と負け越している状況を指摘するが、自身が2勝5敗で負け越していてはあまり説得力がない。

それにリング内外でどんどん仕掛けていくと宣言している相手にちゃんとやろうと提案しても、ヒールであるKENTA選手が聞く耳を持つはずがない。

これ以上KENTA選手にイジる隙を与えないためにも、やはり後藤洋央紀選手には言葉ではなくリングで反撃を見せてもらいたい。

タンガ・ロア / OJK

邪道「(※ファレ&オーエンズと入れ替わって)KENTA、裕二郎を下して、ファレ、チェーズも下した。そして今日、タンガ・ロアは、クロスフェースを手に入れたぞ。わかるか、この意味?『WORLD TAG LEAGUE 2019』、主役であり優勝するのは、世界で一番、タフ、ストロング、ファスト、IWGPヘビーウエート・タッグチームチャンピオン、タマ・トンガ、タンガ・ロア、G.o.D、with……

タンガ・ロア選手がOJK(オペレーション邪道キラー)と命名されたクロスフェイスで勝利!

もちろん形は邪道選手のクロスフェイス・オブ・JADOと同型。

邪道選手&外道選手のスーパーパワーボムに続いて、新たな強力な技を手に入れました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA