ライガー「俺の手で追い出してやる」、みのる「今すぐ辞めちまえ」【新日本プロレス・2019.9.10】

新日本プロレス・2019年9月10日・ロードトゥディストラクション・ふじさんめっせ大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

獣神サンダー・ライガー

ライガー「(※記者に向かって)お前ら、今日の試合見てわかったろ?あいつは俺に何を求めてる?俺にかまってほしいんだ。かまってほしくてほしくてしょうがないんだ。だから俺をそれだけ挑発してるんだ。考えてみれば、かわいい後輩よ。遊んでやったっていいよ、別に。いつでも。だが何回も言うように、セコンドに手を出すな。意味がないことするな。お前の標的は俺なんだろ?俺に来いや。若手に当たってどうすんだ?違うか?何度でも言う。あいつが新日本プロレスを離れていかない。なら俺が、新日本プロレスから直接、俺の手で追い出してやる。かまってほしいなら素直に言えや。かまってやるよ。遊んでやるよ。俺を、パンクラス戦(2002年11月30日、横浜文化体育館)の時の俺と思うな。あれ以降、俺は、柔術やったり、いろんな格闘技やってんだ。いつでも準備はできてんだ。そのためにレスラーは練習する。鈴木が寂しくて寂しくて、誰にもかまってもらえない“僕”が、ベルト挑戦しても獲れないよ。どうしよう?俺が遊んでやるよ。かわいいかわいい後輩だもんね。その代わり、その代償は覚悟しとけよ

獣神サンダー・ライガー選手と鈴木みのる選手の抗争が新たな局面に突入。

関連:鈴木みのる「ライガー、終わりか?」、鷹木「舞台を用意しろ」【新日本プロレス・2019.9.6】
関連:ライガー「あいつが新日のリングに上がるなら、俺、新日のリング引退するぞ」、後藤「勝って次の展開」【新日本プロレス・2019.9.8】

無意味な暴行を繰り返す鈴木みのる選手が新日本プロレスに上がり続けるなら新日のリングを下りると主張していた獣神サンダー・ライガー選手が、一転して新日本プロレスから直接、俺の手で追い出してやると宣戦布告!

17年前の2002年11月30日、パンクラス(総合格闘技)ルールで敗れた時とは違っていつでも準備はできてんだと力強く語りました。

鈴木みのる

鈴木「(ライガーは)『あいつが新日本のリングに上がり続けるなら、俺は(新日本プロレスを)辞める』って言ってた。そうか、じゃあ辞めろ。今すぐ辞めちまえ。辞めればいいじゃないか。誰もお前なんかに期待してないんだよ。オイ、ライガーよ、オイ、誰もテメェになんか期待してるか。お前の活躍なんかに、誰も期待なんかしてねぇんだ。あるのは、どうやってこの男は散るのか。それが知りたいだけだろ。あいつが散っていなくなるのはそう、明日だ……。始まるぞ。始まるぞ。いろんなもの気を付けた方がいいんじゃないか。お前は、闘い方を選べない。そしてお前は、散り方すらも選べない。ライガー、お前の選ぶ権利はない。なぜならば、お前は弱い虫ケラ以下だからだ

一方、ついに獣神サンダー・ライガー選手を振り向かせることに成功した鈴木みのる選手が始まるぞと本格的な抗争開始を宣言。

今シリーズの動向次第ですが、早ければキングオブプロレスリング(10月14日・両国国技館大会)で完全決着戦が実現か?

また決着戦のルールはプロレスルールで行われるのか、それともパンクラス(総合格闘技)ルールなのかも気になるところ。

今シリーズの残り9大会、獣神サンダー・ライガー選手と鈴木みのる選手の動向に要注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA