ライガー「日本に来てほしい」、ソベラーノ「ナリタ、CMLLの道場まで来い」【新日本プロレス・2019.8.25・PART2】

新日本プロレス・2019年8月25日・スーパーJカップ2019・最終日・カリフォルニア州ロサンゼルス大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.25・スーパーJカップ2019・最終日

ソベラーノ・ジュニア

ソベラーノ「ナリタ、ナリタよ、、お前はいま、故郷を遠く離れたロサンゼルスにいる。せっかくだからメキシコCMLLの道場まで来て練習を積んでみろ。ソベラーノ、ティタン、カリスティコ、世界クラスの俺たちがいるぞ。軽量級だけじゃない、重量級の選手もいるから、メキシコのルチャ・リブレを体感してみたらいい

ソベラーノ・ジュニア選手が新日本プロレスのヤングライオン・成田蓮選手をCMLLの道場に勧誘。

しかし今週末にはロイヤルクエスト(8月31日・イギリス大会)、来月9月4日から第12回ヤングライオン杯が控えているため、残念ながらすぐには実現はしない見込み。

ただせっかくのスペル・エストレージャからの誘いを断るのはあまりにもったいない。

まだ少し先の話ですが、成田蓮選手には無期限海外武者修行として是非CMLLで揉まれてきてもらいたい。

獣神サンダー・ライガー

とにかく今日の、TJPとアメージング・レッド、そして田口監督、もう素晴らしい。このメンバーで、負ける気はしないですよね。特に、TJPとアメージング・レッド。何回も言ってますけど、ぜひ日本に来てほしいです。(※2人に向かって)プリーズ・カム・ジャパン。プリーズ。必ず、ジュニアのまた新たな流れができるかもしれませんし、そうなると僕は信じてます。
(中略)
レッド「ここに自分がいることが不思議な感覚です。わずか2、3カ月前、この世界から去ろうって考えてました。そのときTJPとともに出場しないかという話をいただいて。夢がかなった思いでいっぱいです。神様が最後にくれた贈り物。ファンのみんなにも感謝したいし、本当のアメイジングです

今大会プロデューサーを務めた獣神サンダー・ライガー選手が、TJP選手とアメージング・レッド選手の継続参戦を希望!

しかしアメージング・レッド選手は今年2019年4月に事実上の引退宣言

今大会は神様が最後にくれた贈り物と話しており、継続参戦は厳しい模様。

またTJP選手はインパクトレスリングに参戦しているため、新日本プロレスに本格参戦するのは難しそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA