本間朋晃の病名は中心性脊髄損傷

新日本プロレス 2017.3.3 NEW JAPAN ROAD 沖縄大会で負傷した本間朋晃選手の容態についての新情報をご紹介します。

スポンサーリンク

新日本プロレス公式サイトによると…

  • 病名は中心性脊髄損傷
  • 頸髄の3、4番に腫れが見られ、そこから神経が麻痺
  • 呼吸、心臓の神経への心配はない
  • 手足の動きは日に日に良くなっている
  • 手術は今は考えていない
  • どのぐらいとか期間は予想がつかない

現在のところ命に別状はないようですが、頸髄(脊髄の一番上の部分)損傷のため、やはりまだ麻痺が残っているようですね。

すぐにプロレス復帰というのは現実的に考えると厳しい。

もちろん本間選手自身が一番辛いとは思いますが、怪我をさせてしまった邪道選手の心中も穏やかではないと思います。

邪道選手は今日以降の大会にも出場予定。

プロとしてきっちりと仕事をこなす姿が目に浮かびますが、正直見ている側も複雑。

ですが最悪の事態は免れたので温かく迎えたいですね。

みんな本間選手を待ってますから、ゆっくり治療に専念してください。

本間選手の容態については、また何かニュースがありましたらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)