内藤「明日は後藤」、石井「デスマッチでも受けて立つ」【新日本プロレス・2019.7.18】

新日本プロレス・2019年7月18日・G1クライマックス29( G1 CLIMAX 29 )・5日目(Aブロック3戦目)・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.18・G1クライマックス29・5日目(Aブロック3戦目)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.18・G1クライマックス29・5日目(Aブロック3戦目)・PART2

石井智宏

石井「狂犬、ジョン・モクスリー。狂犬か?あいつの日本での試合何試合、全部見たけど狂犬ぶりが見えない。本当に狂犬なのか?なんだ遠慮してるのか?自分をさらけ出せよ。自分をさらけ出せ。今までよ、それが出来なかったんだろ?せっかく日本来たんだ、テメーの得意なデスマッチでもケンカでも受けて立つぞ

本日19日・後楽園ホール大会のメインイベントは、石井智宏選手とジョン・モクスリー選手のBブロック公式戦。

WWEを退団してG1クライマックス29に乗り込んできたジョン・モクスリー選手ですが、石井智宏選手からはまだ遠慮しているように見えるとのこと。

そして石井智宏選手はデスマッチでもケンカでも受けて立つとメッセージを残しました。

かつてデスマッチで鳴らしたジョン・モクスリー選手が、新日本プロレスで過去のファイトスタイルを解禁するのか?

今日のメインイベントはリング上に血が飛び散る展開になるかもしれません。

内藤哲也

内藤「明日の対戦相手は“後藤洋央紀”。彼さ、最近良いTシャツ着てるよね。知ってる?あれスペイン語でしょ。スペイン語で“ラ・ロホ”って、読むのかな?(LA DOJOシャツのことだと思われる)新しいニックネームですか?ああ、でもインパクトのあるとても素晴らしい名前だと思いますよ。ここまでのリーグ戦、0勝2敗。いや完全に追い込まれた状況ではあるけどでも次の対戦相手が、ラ・ロホで助かったかな。だって彼は大田区でジェイ・ホワイトに勝った時点でもう『G1 CLIMAX』終わったんでしょ。大田区でジェイ・ホワイトに勝って燃え尽きたんだろうね。だから札幌であっさりジュースに負けるし。まあ明日の後楽園でも皆様の予想通り順当に俺に敗れるわけでしょ。いったい彼は何が変わったんだろうね。もし変わったんなら明日俺に見せてみろよ。

ここまで0勝2敗で完全に追い込まれた状況の内藤哲也選手は、本日19日・後楽園ホール大会で後藤洋央紀選手と対戦。

LA道場(LA DOJO、内藤哲也選手いわくラ・ドホ)での特訓が功を奏して「打倒ジェイホワイト」を果たした後藤洋央紀選手をジェイ・ホワイトに勝って燃え尽きた変わったんなら明日俺に見せてみろと挑発。

優勝のためにはこれ以上負けられない内藤哲也選手が初勝利をあげられるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA