KENTAのゴートゥースリープ(go 2 sleep)と柴田勝頼の串刺しドロップキック【新日本プロレス・2019年6月】

新日本プロレス・G1クライマックス29参戦を表明したKENTA選手の必殺技・ゴートゥースリープ(go 2 sleep)をご紹介。

2019年6月9日、WWEを退団したKENTA(元:イタミ・ヒデオ)選手がソウルメイト・柴田勝頼選手とともに新日本プロレスに登場。

そして7月6日に開幕するG1クライマックス29参戦を表明しました。

各方面から注目を集めるKENTA選手が東スポで自身の必殺技、得意技について語りました。

――9日の大阪大会で新日マットに電撃登場。G1参戦を表明した
KENTA 昨年、「今年いっぱいやってダメだったら(WWEを)辞めよう」って気持ちになっていた。WWEで何も残せてないし、自分のプロレスを世界にアピールしたい気持ちがある。今、世界で「ニュージャパン」って言えば通じるくらい大きくなってますし、そこに身を置いて、もう一回アピールしたい。
(中略)
――大阪大会には柴田勝頼と登場した

KENTA 向こうも歯がゆかったと思うんです。うまくいっていない俺のことを気にかけてくれて。俺がやってたドロップキックを柴田さんがやりだして、いつしか“柴田ムーブ”になった。俺が(新日本で)やったら「おお、柴田のオマージュだ」ってなると思いますけどね。いや、俺のだよと(笑い)。
――必殺技の「ゴー2スリープ」がWWEではCMパンクの存在もあり使えなかった。解禁は
KENTA しますよ!誰が何と言おうが。誰がなんだとか、そういうので、できなくなるのはもういい。(引用:東スポweb

まずは必殺技・ゴートゥースリープ(go 2 sleep)!

ファイヤーマンズキャリーから顔面に膝を叩き込むKENTA選手のオリジナル技。

WWEではGTS(ゴートゥースリープ)はCMパンク選手のフィニッシュホールドとして広く認知されていたため、KENTA選手が使用する機会はほとんどありませんでした。

さらに新日本プロレスワールドの実況でも柴田ムーブと称されるコーナーへの串刺しドロップキックについても言及。

KENTA選手の串刺しドロップキックは柴田のオマージュではないと認識しておきましょう。

またWWE時代にGo To Sleep ’18と一部で呼ばれていたシングルニーフェイスブリーカーは、オリジナルのゴートゥースリープ(go 2 sleep)とは別の技。

新日本プロレスではもう見る機会はないかもしれません。

G1という注目度の高い舞台で、思う存分KENTA選手のプロレスを世界にアピールしていもらいたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA