石森の右肩「ヤバい、ヤバい…」、マーティー「目ん玉飛び出るほどのサプライズ」【新日本プロレス・2019.5.31・PART2】

新日本プロレス・2019年5月31日・ベストオブザスーパージュニア26・13日目・アイテムえひめ大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.5.31・ベストオブザスーパージュニア26・Aブロック最終公式戦【星取・順位表】

マーティー・スカル

時差ボケがなければ、よかったんだけど。もっといい結果が残せたはずだ。ニュージャパンのやり方に負けたんだ。これがVILLAINの言い分だ。VILLAIN ENTERPRISESは負けてなんかいないぞ。次こそは、みんなが目ん玉飛び出るほどのサプライズを用意しておく。そのために戻って来るからな。(※ブロディに向かって)オイ、行くぞ

ヴィランエンタープライゼスのブロディ・キング選手と二人三脚で今大会を闘い抜いたマーティー・スカル選手ですが、結果は5勝4敗でリーグ戦敗退。

不本意な形で最終公式戦を終えましたが、みんなが目ん玉飛び出るほどのサプライズを用意して戻ってくると宣言。

サプライズといえばもちろんヴィランエンタープライゼスの4人目のメンバー加入計画。

現在のところロッキー・ロメロ選手に似ているチコ選手は保留、バンディード選手には俺に触るなと言われて拒否されてしまいました。

他にROHや新日本プロレスで新メンバーの目星をつけているのか、それとも外部からジョン・モクスリー選手のような大物を迎え入れるのか。

ヴィランエンタープライゼスの今後の動向から目が離せない。

石森太二

※石森は右肩を冷やし、「ヤバい、ヤバい……」とつぶやきながら足早に控室へ

昨日のメインイベントで鷹木信悟選手と対戦した石森太二選手は、試合終盤に放ったラリアットで右肩を負傷。

試合後の石森太二選手は右肩を氷嚢で押さえたまま、鷹木信悟選手が締めのマイクを始めてもすぐにリングを下りられず、三澤トレーナーも駆け付けてきました。

今大会はエントリー人数が増えたことで例年以上の過密日程で、すでにTAKAみちのく選手も負傷欠場により不戦敗となりました。

鷹木信悟選手に1日でも早くやり返すためにも、石森太二選手の負傷が軽傷であることを願いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA