成田「明日は俺の地元」、YOH「一緒に練習してた」、石森「合格だよ」【新日本プロレス・2019.5.15】

新日本プロレス・2019年5月15日・ベストオブザスーパージュニア26・3日目・青森県武道館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.5.15・ベストオブザスーパージュニア26・3日目【オープニングVTR&星取・順位表】

成田連

成田「オイ、ロビー・イーグルス、明日はな、しっかりクラッチ組んで、フロントスープレックスホールドで勝ってやる。明日は俺の地元。絶対、勝たなきゃダメだ

本日16日、地元・青森県でのBOSJ26公式戦に臨む成田蓮選手が絶対、勝たなきゃダメだと意気込みを語りました。

今夜こそフロントスープレックスホールドを決められるか注目!

YOH

YOH「懐かしいですね、なんか。昔を思い出して。確かね、彼と出会ったのは、僕が風の神様だった頃かな。向こうでね、ずっと一緒にね、練習してたんですよ。それを思い出してね。面白いですね。この新日本プロレスのリングで、『SUPER Jr.』で、彼と当たるって。めっちゃ運動神経よくてね、めっちゃイケメンで、めっちゃ体もよくて、もう、ワクワクしかないですね。名前変わって、今、バンディード。盗賊ですか?怪盗?奪わせないです……

YOH選手の次の対戦相手は、メキシコ遠征時代に一緒に練習してたバンディード選手。

一緒に練習はしていたものの、海外武者修行中に風神として活動していた頃は一度も対戦しておらず、今回の公式戦が初のシングルマッチとなります。

石森太二

石森「(※首筋を冷やしながら、フロアに腰を落として)マーティー、しつこいように、いろいろ締め上げられて、思わずギブアップが一瞬、頭によぎったよ。首も、腕も、痛えしよ。さすが、ROHの実力者だよ。俺がもし作ったら、Ishimori Enterprises、入れてやるよ。合格だよ。(※立ち上がろながら)オー、痛え……

前日にマーティー・スカル選手から4人目のヴィランエンタープライズの一員になるチャンスを与えてもいいと挑発されていた石森太二選手。

公式戦でマーティー・スカル選手から勝利を上げると、今度は石森太二選手が俺がもし作ったら、Ishimori Enterprises、入れてやるよと返答。

いつか石森太二選手が新ユニットを立ち上げる際は、その横にはマーティー・スカル選手がいるかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA