カイル・オライリー「KUSHIDAとNXTでもう一度試合が出来たら理想的」【WWE・2019年5月】

WWE・NXT所属のカイル・オライリー選手のインタビューをご紹介。

2017年、ROHを退団したカイル・オライリー選手はWWEと契約。

現在はNXTを主戦場にして、元ROHのアダム・コール選手、ボビー・フィッシュ選手、ロデリック・ストロング選手とともにアンディスピューテッドエラとして活躍中。

そのカイル・オライリー選手が新日本プロレスでの経験、そしてライバル・KUSHIDA選手について語りました。

関連:KUSHIDAがNXTデビュー戦をホバーボードロックで勝利!【WWE・NXT・2019年5月】

―NXT移籍
子どもの頃レスラーになりたかった時、それはつまりWWEのことだった。日本やイギリスのレスリングシーン、インディ団体独自の文化は知らなかった。それを知り自分が足を踏み入れてみると、それこそが自分やりたかったことで、インディ団体でパフォーマンスをするのが大好きだったよ
本当に日本に行きたくて、新日本で試合がしたかった。自分の人生で最高の時間だったし、自分のキャリアのなかで最高の経験をいくつもさせてもらった。正直、とても恋しいよ
(中略)
―レッスルキングダム・東京ドームでの経験
これもまた非現実的な経験だった。カーテンをくぐり抜け、周りを見渡して、ただただ楽しむ。東京ドームで試合をした事実は誇らしい、これは当たり前のことではないんだ。ただパフォーマンスに集中するだけではなく、思いっきり楽しむ。少しの間カイル・オライリーからカイル・グリーンウッド(本名)に戻って、ここまで来たんだと誇りに思ったよ
でも東京ドームのカイル・オライリー vs アダム・コールのROH世界王座戦は、現地の観客の多くの人にとってトイレ休憩の試合になってしまってね。それでも試合が来たのは本当に良かった

―NXTでKUSHIDAと闘うまでメインロースターに昇格してはならないよ…
そう伝えておくよ!そこでも今も彼と会えて嬉しい、本当に素晴らしい
―シングマッチで闘いたい相手
KUSHIDAとNXTでもう一度試合が出来たら理想的だね。マット・リドルとのシングルマッチも最高だよtalksport.com より)

果たして6度目のKUSHIDA選手とカイル・オライリー選手のシングルマッチは実現するのか?

今後もNXTの放送をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA