上村「付き人だからこそ」、みのる「ライガーは脱落者」、ライガー「お前が引退しろ」【新日本プロレス・2019.4.22・PART1】

新日本プロレス・2019年4月22日・ロードトゥレスリングレスリングどんたく・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.4.22・ロードトゥレスリングどんたく【オープニングVTR】

上村優也

上村「付き人だからこそ、倒したい!もう一人、倒す相手が増えました。いつかシングルをやって、絶対に3カウント取ってみせます!

昨年2018年9月からヤングライオン・上村優也選手は永田裕志選手の付き人を担当。

数年後、ヤングライオンを卒業して立派な姿で海外から帰って来た上村優也選手が、永田裕志選手と真っ向勝負でぶつかり合う日まで、このコメントをしっかりと心に留めておきたいと思います。

鈴木みのる

鈴木「みんな、この後楽園に来た客はあったか~い気持ちで『最後のライガーを、あったかく送り出してやろう』。ハハッ、優しいなぁ、後楽園に来てる……バカどもは!ライガーはなぁ、“脱落者”だ!そう、生存競争激しい、このプロレスの世界で生き残れなかった……いやいや、生きる力を失った、だからやめてく、だから消えてく!ニヤニヤ笑って、楽しそうにやめようとしてんじゃねぇよ。俺がトドメ刺してやる。フフッ、オマエ言ったな、ケンカなんだろう?オイ、ケンカって意味分かってるか?オイ、いつまでそんなカッコしてんだ?いつまでお高くとまってんだ、獣神サンダー・ライガー!口では何とでも言う、『おう、いつでもやってやる!』『いつでもやってやる!』『いつでもやってやる……会社が決めるから』。オイ、何年やってんだプロレス。オイ、そこのチビ。オマエで、世の中を動かせ。俺はそうやって生きてきた

来年2020年1月での現役引退が決まっている獣神サンダー・ライガー選手に17年前の再戦を要求した鈴木みのる選手。

獣神サンダー・ライガー選手のいつでもケンカ買うぞという返答に対して、脱落者口ではなんとでも言うと厳しい言葉を投げかけました。

そして17年前に獣神サンダー・ライガー選手自身が2年くらい余裕よこせ。そしたら次はお前、ぶち殺してやるからと約束したのだからオマエが(会社を)動かせと主張。

獣神サンダー・ライガー

ライガー「鈴木に言っといてくれ。ケンカならケンカでやれよ。プロレスなのかケンカなのかどっちかだ。ホントにいい加減にしとけって。伝えといてくれ。どんな手を使っても、伝えといてくれ。やるならやろうや。俺はお前の試合の約束があるんだ。いつでも受けるよって。そのかわり引退を表明している俺に負けたらお前が引退しろって。新日本にいらねーよ。言っといてくれ

獣神サンダー・ライガー選手も試合の約束はしっかりと憶えており、17年前の約束を反故にするつもりはない。

しかし獣神サンダー・ライガー選手は引退を表明している俺に負けたらお前が引退しろと挑発。

ますますヒートアップする二人の抗争、目が離せない展開が続いていきそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA