ニュージャパン・カップ2017出場者候補多すぎない?

新日本プロレス 2017.2.5 THE NEW BEGINNING in SAPPORO 札幌・北海きたえーる大会のIWGPヘビー級王座戦でオカダ・カズチカ選手に敗れた鈴木みのる選手は、今後も新日本プロレス継続参戦を示唆するコメントを残しました!

スポンサーリンク

試合後の鈴木選手のコメント。

鈴木「オカダ・カズチカ、これで終わったと思うな。日は、すべての始まりの日だ。お前たちの、お前たちの最後は、もうすぐだ。今日はすべての始まりだ。フハハハハ」

Go Next #piledriver_harajuku

MINORU SUZUKIさん(@suzuki.d.minoru)が投稿した写真 –

まだまだ鈴木軍の新日本プロレス侵攻は始まったばかり。

プロレスリング・ノア離脱の時とは違い、これで終わりではないとハッキリと明言、今後も新日本プロレスで闘うと考えて差し支えないでしょう。

ただそれによって生じてくるのがNEW JAPAN CUP2017出場者候補が多すぎるという問題。

そこで昨年の出場者に加え、誰がNEW JAPAN CUP2017にエントリーするか候補者を挙げてみようと思います!

スポンサーリンク

以下、昨年2016年の出場者一覧。

棚橋弘至、天山広吉、マイケル・エルガン、真壁刀義、永田裕志、本間朋晃、小島聡、バッドラック・ファレ、タマ・トンガ、後藤洋央紀、矢野通、高橋裕二郎、石井智宏、YOSHI-HASHI、内藤哲也、EVIL

例年出場者は16名、ヘビー級シングルのタイトルホルダーは参加しないため、オカダ・カズチカ選手、内藤哲也選手orマイケル・エルガン選手、後藤洋央紀選手の3名を除く全員にチャンスがあります。

またNEW JAPAN CUP2017開幕戦は3月11日のため、3月10日にアメリカ・ROH15周年記念大会に出場予定のROH世界王者アダム・コール選手のシリーズ参戦は厳しい状況。

現在ROHにレギュラー参戦しているハングマン・ペイジ選手、Cody選手、ウォーマシンもおそらくROHに出場すると思われます。

そんなことも含めて、上記に挙げていない選手を挙げると…

  • 柴田勝頼
  • ジュース・ロビンソン
  • 中西学
  • ヘナーレ
  • ヨシタツ
  • SANADA
  • ケニー・オメガ
  • タンガ・ロア
  • コーディ・ホール
  • BONE SOLDIER
  • 鈴木みのる
  • ランス・アーチャー
  • デイビーボーイ・スミス・ジュニア

明らかに16名の枠には収まりきらない。

赤字で強調した6選手には特に期待しているので、絶対にエントリーしてもらいたいところですが、昨年のG1 CLIMAXのように誰かが選ばれれば誰かが落選してしまうというのが現実。

誰が出場するのかは予想は非常に難しい。

現実的ではないが、NEW JAPAN CUP2017は全8大会予定されているので、出場者を倍の32名に増やして毎大会公式戦を組んでくれればいいのに。

まあ新日本プロレスにいれば誰でも出れるようでは、ただでさえ王者がエントリーしない大会の価値に疑問を抱く人が増えてしまうので、今年も16名で開催してもらいましょう。

誰がエントリーするのか、エントリーされなかった選手がどんな言動を発するのか、全出場選手発表の日が待ち遠しい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA