石森「せっかく獲ったベルト」、タイチ「ブタはいねえのか?」、鷹木「屈辱だよ」【新日本プロレス・2019.4.15】

新日本プロレス・2019年4月15日・ロードトゥレスリングレスリングどんたく・甲府市総合市民会館山の都アリーナ大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

石森太二

石森「オイ、ドラゴン・リー、お前がヒロムのこと大好きなのは、よーくわかった。でも、ヒロムの復帰を待っているのは、お前だけじゃないんだよ。そのへん、焦るなよ。いま、向き合うべき相手、それを忘れると、せっかく獲ったそのベルト、すぐ奪われちまうぞ

レスリングどんたく2019(5月3日)でIWGPヘビー級王座に挑戦する石森太二選手が、王者ドラゴン・リー選手に警告。

ドラゴン・リー選手と高橋ヒロム選手は相思相愛の仲であり、王座初戴冠直後にはヒロム・タカハシが一番に挑戦すべきとコメントするなど、その目線が高橋ヒロム選手に向いているのは事実。

足元をすくわれないように気を引き締めなければならない。

タイチ

タイチ「オイ、ブタはいねえのか?(※記者に向かって)おめえが(コブの)代わりにやるか、コブタ。コブタいねえからいいよ。それよりライガー。いや、違うな、ズライガー。ズラだろ、テメエ。ズライガー。毎日毎日、鬱陶しいな。テメエ、辞めるんじゃなかったのか?なんで辞めるやつが、俺らみたいなトップレスラーの中に混ざってんだ?セミファイナルに出んだよ?辞めるやつがよ?やるのか、やんねえのか、どっちだ?目障りなんだよ。来年だ?今シリーズで辞めさしてもいいぞ。目障りだ、ズライガー(※と言い残して立ち去る)

石森太二選手同様、レスリングどんたく2019(5月3日)でNEVER無差別級王座への挑戦が決まっているタイチ選手。

しかし王者ジェフ・コブ選手は昨日までROHに出場しており、安芸の国戦国絵巻(4月26日)から新日本プロレスに合流予定。

王者不在の前哨戦でタイチ選手が目を付けたのは引退発表をした獣神サンダー・ライガー選手

ジェフ・コブ選手が来日するまでの間、タイチ選手がどのように獣神サンダー・ライガー選手に絡んでいくのか目が離せない。

鷹木信悟

鷹木「ま、(LOS INGOBERNABLES de JAPONに加入してから)初凱旋で、メインで勝利したことは素直にうれしく思うけど、だけど俺にとっちゃ、リング上では言わなかったが、屈辱だよ、今日は。3月上旬までは、3月頭まではベルト持ってて、(3.6大田区で)3Kにとられて、今日は丸腰で地元帰ってきたんだから。屈辱だよ。気に入らねえな。特にSHO。そりゃ、お前の方が力あるかもしんねえけど。オイ、それが甘いんだよ。確かにお前の方が力はある。だが、オレには勝てねえよ。よく考えろ、SHO……

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン加入後、初めて地元・山梨県にL・I・Jの一員として凱旋した鷹木信悟選手。

ベルトを奪われて丸腰で地元凱旋をさせれられた借りは、ベルトを奪い返して気に入らねえSHO選手を丸腰で地元・愛媛県(5月31日)に凱旋させることで返したいところ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA