上村が初勝利、飯伏「またあの人と」、EVILのSCORPION DEATH LOCK【新日本プロレス・2019.4.14】

新日本プロレス・2019年4月14日・ロードトゥレスリングレスリングどんたく・ニューサンピア高崎大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

上村優也

上村「やっと、1年かかって、プロレスの初勝利を獲ることができました。でも、こんなの、まだまだ始まりに過ぎない。明日からまた、辻と2人で、どんどん先輩を倒していって、いつか2人で、新日本プロレスの一番のベルトを懸けて、一番デカイ会場で、シングルマッチ、彼とならできる思うんで、僕も頑張ります。ありがとうございました(※と言って深々と頭を下げる)

前日の辻陽太選手のプロ初勝利に続いて、今度は上村優也選手がシングルマッチでプロ初勝利!

これで二人の対戦成績は1勝1敗21分けで再び五分になりました。

飯伏幸太

飯伏「いやあ、前哨戦なんですけど、昨日も今日も6人(タッグマッチ)なんでそんなに。ほんとにまだ、ザックと絡めなかったんで。でも、何回もやってるんでね。インターコンチのベルト獲って、初めてのコメントができるのは、すごくうれしいですね。昨日ちょっと、コメントできなかったんで。なんとか、このベルトを、またあの人と闘えるところまで持っていきたいです。ま、とりあえず、まずは、一番苦手なザック・セイバーさんとやりますよ。まあ、とりあえず、見ててください。見ててください……

今シリーズ開幕戦でザック・セイバーJr.選手にKOされた飯伏幸太選手が初コメント。

あの人とは先日アメリカで再会した、4年前にIWGPインターコンチネンタル王座をかけた闘ったあの人か?

中邑真輔選手は2016年にWWEと3年契約を結び、今年の4月でWWEとの契約が終了すると言われているが、果たして今後は…

EVIL

EVIL「リング上で言った通り、石井とのこの闘いは、俺の中では最重要だ。このシングルにだけ重きを置いてるぜ、オイ。いいか、次のことなんて、何も考えてないからな。石井と勝負して、俺がキッチリ葬ってやるからな。よく、覚えとけ。This is EVIL。Everything is EVIL。すべては………………EVILだ!

NJC2019でサソリ固めを初披露したEVIL選手が、昨夜からフィニッシュホールドの表記をサソリ固めからSCORPION DEATH LOCKに変更。

レスリングどんたく2019(5月4日)での石井智宏選手とのシングルマッチに向けて追い風となる勝利を上げました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA