ブリー・レイ「鈴木みのるには度胸がない」【新日本プロレス・2019年4月】

ROHのブリー・レイ選手が鈴木軍の鈴木みのる選手を挑発。

2019年3月31日(日本時間4月1日)、ROHがG1スーパーカード(4月6日・MSG大会)前最後の大会を開催。

関連:ROH・試合結果・2019.3.31・ロードトゥG1スーパーカード IN ボルチモア
関連:2019.4.6・G1スーパーカードの全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2019年4月】

ライフブラッドのマーク・ハスキンス選手の試合後にブリー・レイ選手が現れると、ライフブラッドのリーダー、新日本プロレスのIWGP USヘビー級王者ジュース・ロビンソン選手が救出に登場。

そしてMSGでニューヨークシティ・ストリートファイト・オープンチャレンジを行うブリー・レイ選手に対して、ジュース・ロビンソン選手が名乗りを上げました。

しかし試合後、ブリー・レイ選手はツイッターでジュース・ロビンソン選手との対戦を拒否、さらに鈴木みのる選手を挑発。

1ー鈴木(みのる)は俺のオープンチャレンジを受け入れる度胸がない
2-MSGでジュース(・ロビンソン)と闘うことはないと俺が保証しよう

この挑発に対して鈴木みのる選手はおまえぶっ飛ばしにMSG行くぞと宣言!

MSGのストリートファイトはブリー・レイ選手、ジュース・ロビンソン選手、鈴木みのる選手による3WAYか?

またIWGP USヘビー級王座戦に変更となるのか、今後の正式発表をお待ちください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA