バンディードがIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦表明!【新日本プロレス・2019年3月】

ROH・バンディード選手がG1スーパーカードのIWGPジュニアヘビー級王座戦に名乗り!

2019年3月6日、旗揚げ記念日で石森太二選手はIWGPジュニアヘビー級王座を防衛。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.3.6・旗揚げ記念日【第2試合まで無料】

そして試合後、G1スーパーカード(4月6日・マジソンスクエアガーデン大会)で次の防衛戦を希望。

新日本プロレスとG1スーパーカードを共催するROHから次期挑戦者を募ると、姿を現したのはCMLLのドラゴン・リー選手。

ドラゴン・リー選手の挑戦表明を受諾した石森太二選手でしたが、ROHから新たな刺客が名乗りを上げました。

ROHでジュース・ロビンソン選手らとともにライフブラッドを結成したバンディード選手が、MSG大会でのIWGPジュニアヘビー級王座戦に自分を加えて、3WAYマッチに変更するように要求!

関連:デビッド・フィンレー対トレイシー・ウィリアムズ!バンディード対マーク・ハスキンス!【ROH・#385】
関連:NWA世界王座戦、ニック・アルディス対BJブラック!ヴィランエンタープライズ快勝!【ROH・#386】

強引な要求にも思えるが、石森太二選手がROH、挑戦者、出て来いと次期挑戦者を呼び込んだのも事実。

新日本プロレス、ROH、CMLLの代表によるIWGPジュニアヘビー級王座戦・3WAYマッチをお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA