旗揚げ記念日・前哨戦が終了!タイトルマッチ、NJC2019への意気込み!【新日本プロレス・2019.3.4】

新日本プロレス・2019年3月4日・旗揚げ記念シリーズ・ビッグパレットふくしま大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

石森太二 / 獣神サンダー・ライガー

石森「今日で前哨戦は終わった。次は(3.6)大田区。まあ、オレが新日本ジュニアの歴史をREBORNする大事な一戦だ。平成とともに生まれたジュニアの象徴、獣神サンダー・ライガー。それを、この俺が、平成の終わりとともに沈めてやる
(中略)
ライガー「体調は見ていただいた通りバッチリ。何の死角もない。ただ、この目も言った通り、俺の中では五分五分なんだ。五分五分ならチャンピオンの方が有利なんだ。明日またしっかり、道場で自分と向き合って、作戦立てて。もう、ジタバタしてもしょうがないんで。いろいろ頭の中で、何回もシミュレーションして、勝つイメージを膨らます
--一連の前哨戦を通じて、チャンピオンはあまり手の内を見せなかったという印象が強いんですが……。
ライガー「僕も手の内をあまり見せないようにして。グラウンドに入ったりしたんで。あとは自分の体がどこまで。まあ、年齢のこともあるから、ファレとかチェーズ(オーエンズ)とか、そういう相手の一発一発を受け止め切れるのか(試したけど)、全く問題ない。彼がどういう作戦で来るか知らないけど、俺の頭の中には勝つシミュレーションしかない

昨日4日で旗揚げ記念日(3月6日・大田区総合体育館大会)の前哨戦がすべて終了。

関連:ヒクレオ復帰!ヒロム復帰間近?IWGPヘビー対NEVER!2019.3.6・旗揚げ記念日の全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2019年3月】

IWGPジュニアヘビー級王座をかけて対戦する石森太二選手と獣神サンダー・ライガー選手は、お互いに自信に満ちたコメント。

この試合に勝てば来月開催されるプロレスの聖地・マジソンスクエアガーデン大会への出場も視野に入ってくるだけに、是非ともジュニアの象徴である獣神サンダー・ライガー選手がベルトを巻く姿を見たい。

SHO / 鷹木信悟

SHO「このタイトルマッチに向けての地方での大事な大事な前哨戦。前哨戦っていうのは、地方でやってこそ意味があるから。最後の最後でオカダ先輩の力を借りたけど、勝ててよかった。この流れをそのまま大田区に。完全にNEXTで……
(中略)

鷹木「いよいよ、次は3.6大田区でタイトルマッチだな。昨日はオフだったから、少し3Kについて研究してやったよ。そしたらなんだ、3Kって3000って意味なんだな。俺はてっきり“空気読めない、空回り、結果出ない”の3Kだと思ってたよ。もし、大田区でも不様な姿を晒すんだったら“空気読めない、空回り、結果出ない”に“クソ野郎”を付けて4Kに名前を変更したらどうなんだ?とにかく、『旗揚げ記念日』にお前らには屈辱を味わってもらうからな

こちらもシングル王座同様、旗揚げ記念日でロッポンギ3Kとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがIWGPジュニアタッグ王座をかけて対戦。

約1年以上もジュニアタッグ王座から遠ざかっており、なかば強引に挑戦権を掴み取ったロッポンギ3Kにとって、この試合は絶対に負けられない。

記念すべき旗揚げ記念日で、ロッポンギ3Kの二人が新日本プロレス生え抜きの意地を見せて王座奪還なるか注目!

鈴木みのる / 田口隆祐 / オカダ・カズチカ / 棚橋弘至

鈴木「(※直立不動で)頑張ります。せっかくいただいたチャンスなんで……って言うわけねえだろ、この野郎!『NEW JAPAN CUP』、優勝者、マディソン・スクウェア・ガーデン、IWGP(ヘビー級王座に挑戦)、決定なんだろ? オイ、アメリカの、ニューヨークの、夜空を飾るのは、この俺だ。オイ、ジェイ・ホワイト、首洗って待ってろ……
--まさか(郡山スープレックスの)やり方を忘れてしまったとか?
田口「いえいえいえ、覚えてます。こうやってこうやってが郡山(スープレックス)……。こうやってああが後楽園(スープレックス)……。ああやってこうが甲府スープレックス……
--スープレックス四十八手……。
田口「47都道府県プラス1で
--48種類目はマディソン・スクウェア・ガーデンで披露すると?
田口「MSGスープレックスですね……
オカダ「(※YOHがコメントしている途中に割り込んで)俺が『NEW JAPAN CUP』、優勝します(※とだけ言い残して控室へ消えた)
(中略)

棚橋「
ああ、ちょっとスキ見せたら、(オカダに)マイクで『NEW JAPAN CUP』優勝宣言されてしまった。目を光らせてんですけどね。今度は俺が言ってやりますよ。あいつの目の前で

ニュージャパンカップ2019にエントリーされた注目選手たちが優勝宣言!

デビッド・フィンレー選手に代わって代打出場する田口隆祐選手は、NJC2019優勝、さらに新たなご当地スープレックスMSGスープレックス開発まで宣言。

優勝候補が順当に勝ち上がるのか、それとも何が起こるか分からない一発勝負のトーナメントで番狂わせが起きるのか。

明日の旗揚げ記念日、そして3日後に開幕するNJC2019を大いに楽しみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA