永田「王者返り咲き」、内藤「飯伏、期待してるぜ」、本間「もうダメかと思いました」【新日本プロレス・2019.2.27】

新日本プロレス・2019年2月27日・ニュージャパンロード・沖縄県立武道館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

永田裕志

永田「去年も一昨年もエントリーがなかった『NEW JAPAN CUP』に、なぜか出場が決まっちゃったね。(IWGPヘビー挑戦のチャンスが出てきたが)それはオレにとって大朗報。まったく想定しなかったことで。1月、2月と試合がない中ムダにトレーニングばっかりしてたけど、ムダにならないで済みそうだね。試合ができないストレスをトレーニングで発散してたんで。それがムダにならなくて良かったなと。永田裕志の『NEW JAPAN CUP』出場の反響が不思議なぐらいあって。時代の流れにファンは十分納得しているのかと思っていたら、どうやらそうじゃないファンもたくさんいるらしい。見せてやりますよ。本気で、必死で、50オーバーのIWGP王者返り咲きを目指して。久しぶりに、エネルギーが充満している感じがする。主力選手が何人か外に流れても新日本が弱体化することがないということを、オレら(第三世代)の力で、身を持って世の中に証明すればいいだけですから。力が衰えて一線を引いているわけじゃないというのを、身を持って証明してみせますよ。まあ、見ててください

ニュージャパンカップ2019にエントリーされた永田裕志選手がIWGP王者返り咲きという大きな目標を掲げました。

目指すは天龍源一郎さんが保持するIWGPヘビー級王座最年長戴冠記録(49歳10ヶ月)の更新。

現在50歳、今年の4月で51歳になる永田裕志選手の逆襲に期待!

内藤哲也

内藤「明後日から始まる次のシリーズ、もうその次のシリーズの『NEW JAPAN CUP』のカードが決まったね。オレの対戦相手は飯伏幸太。まあ、実力的には間違いない選手だからね。非常に楽しみではありますよ。でもさあ、彼は大阪で言ってたよね?この新日本プロレスで全力を尽くすと。てっきりさ、『今日も来るのかな?』なんて思っちゃったよ。だってさ、あの宣言した時点で彼は(ケガが)治って、試合ができる状態なんでしょ? なのになんで今日は来ないの?年に1回の沖縄大会の、沖縄のお客さまが何人いるかは分からないけど、飯伏幸太の試合を楽しみにしてたんじゃないの?明後日から始まる次のシリーズを観戦予定のお客さまも、もしかしたら飯伏が見られるんじゃないかって、楽しみにしていたところもあるんじゃないの?そういうお客さまを裏切って、『NEW JAPAN CUP』までゆっくり休んでるんですか?ならさあ、この新日本プロレスで全力を尽くすとか、そんなこと言うなよ。期待を持たせることなんて、言う必要なかったんじゃないの?なんかちょっと期待してしまったね。ガッカリっすね。と言いつつ、明後日からの『旗揚げシリーズ』ですか?ひょっこりと飯伏幸太が現れてくれるのを、オレは楽しみにしてるよ。飯伏、期待してるぜ。カブロン!

2月11日・大阪大会新日本プロレスで全力を尽くしていきたいと思いますと残留を発表した飯伏幸太選手に、さっそく内藤哲也選手が噛みつきました。

NJC2019開幕(3月8日)まで今はまだゆっくり焦らずと語る飯伏幸太選手に対して、旗揚げ記念シリーズ&旗揚げ記念日(3月1日~6日)に飯伏幸太が現れてくれるのを、オレは楽しみにしてるよと試合会場への来場を要求。

NJC2019・1回戦に万全で状態で臨むためにも、飯伏幸太選手が次期シリーズに姿を見せることはないと思いますが、内藤哲也選手からのコメントに反応を示すのか注目。

本間朋晃

本間「沖縄ー!!(※大歓声) 帰って来たぞー!!(※大歓声&大拍手&大『本間』コール) 2年前の3月3日、この場所で、僕は邪道選手のDDTを食らって、首から下がまったく動かなくなってしまいました。正直、もうダメかと思いました。でも、真壁さん、棚橋さん、レスラーの仲間が、そして、お客さんが、ファンの方々の応援があったから(※大拍手)、今日という日を迎えることができました。本当にありがとうございます(※大拍手&大『本間』コール)。正直…(※涙で言葉を詰まらせると、様々な励ましの声が飛ぶ)…正直、まだまだかもしんない。でも、俺は、絶対、諦めない(※大歓声&大拍手)。最後に、本当は、僕が、カッコよく締めようと思ったんですけど、やっぱり、棚橋さんの声、聞きたいですよね?(※大歓声&大拍手)

2年前の2017年3月3日、本間朋晃選手は沖縄大会で首を負傷して緊急搬送され、1年以上のリハビリを経て、昨年2018年6月にリングに復帰。

沖縄大会は年に一度しか開催されないため昨年は挨拶しか出来ませんでしたが、今年は沖縄のファンの前で無事に試合を終えました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA