成田蓮「勝ちますよ、あのスープレックスで」、上村優也「あと3カ月」、鷹木信悟「初めて内藤と」【新日本プロレス・2019.2.8】

新日本プロレス・2019年2月8日・ロードトゥニュービギニング・四日市市中央緑地第2体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

成田蓮

成田「いよいよ明日、YOSHI-HASHIさんとシングルマッチ。必ず勝ちますよ、あのスープレックスで

成田蓮選手と上村優也選手によるヤングライオン対決は、先輩の成田蓮選手に軍配。

本日9日・大阪大会で行われるYOSHI-HASHI選手とのシングルマッチに弾みをつけました。

ちなみに成田蓮選手のフィニッシュホールドであるフロントスープレックスホールドはナリタスペシャル4号と命名されたそうです。

上村優也

上村「クソッ、今日も負けか……。オレには時間がない。あと3カ月のうちに、もっと先輩たちを食っていかないと。オレには時間がないんだ……

一方の敗れた上村優也選手はあと3カ月と期限を設定。

3カ月後の5月に開催される大会といえばベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26(BOSJ26)。

BOSJ出場を目指すためにも、まずは同じヤングライオンである成田蓮選手の壁を超えなければならない。

上村優也選手があと3カ月のうちにどんな爪痕を残してくれるか期待しています!

鷹木信悟

鷹木「明日は初めて内藤との純粋なタッグか。何が見せれるか俺も楽しみだぜ

明日9日大阪大会で、鷹木信悟選手がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに加入してから初となる内藤哲也選手&鷹木信悟選手組のタッグが実現。

浜口ジム時代は内藤哲也選手が一方的にライバル視していて、同じコースに通いながらもほぼ接点のなかった二人のチームワークはいかに?

関連:内藤哲也と鷹木信悟の浜口ジム時代「オレは鷹木にスパーで1回しか勝った記憶がないんで」【新日本プロレス・2018年10月】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA