熊嵐の「埼玉に乾杯!」、吉岡世起の「腕持ちバズソーキック」【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #087は、2018年12月1日・横浜大会速報、12月26日・後楽園ホール大会特集・第2弾!

関連:木村花&朱崇花組の「フロウリッシュ」始動!【週刊WRESTLE-1 TV】

スポンサーリンク

今週は如月さや( @saya_0415 )さんがお届け!

まずは1日・横浜大会、第2試合で新リザルト王者の熊嵐選手がキャリア3カ月の本田竜輝選手と対戦。

これまでダイビングセントーン以外のフィニッシュとして使用してきた東京ピンプス(変形フェイスバスター)を地元・埼玉県にちなんで埼玉に乾杯!と命名。

また試合後には佐藤嗣崇選手との抗争が勃発、12月16日・大分大会でのリザルト王座戦が決定!

佐藤嗣崇選手にとって初のベルト挑戦のチャンス、一歩先を行く同期のペガソ・イルミナル選手よりも早くベルト獲得なるか?

続いて第4試合、#STRONGHEARTS に新加入した吉岡世起選手がトンドコロ隼選手と対戦。

コスチュームもファイトスタイルも#STRONGHEARTS カラー染まった吉岡世起選手が腕持ちバズソーキックで勝利!

フィニッシュとなった腕を掴んでからのニーアタック、そのまま顔面踏みつけからのバズソーキックは非常に強烈。

吉岡世起選手は#STRONGHEARTS 勢が来日するまでひとりで闘い続けなくてはならない。

無事に今シリーズを乗り切り、年末26日の後楽園ホール大会に臨んでもらいたい。

最後は26日・後楽園ホール大会特集の第2弾、年内最終興行の全対戦カードが決定!

約半年間に渡るストロングハーツとの抗争にピリオドを打てるのか、それとも2019年に向けて新たな抗争が勃発するのか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA