EVIL「真壁に負けてること、忘れてねえ」、ジュース「お前が望む日、望む場所でいい」、飯伏「自由ですね!」【新日本プロレス・2018.11.23】

新日本プロレス・2018年11月23日・ワールドタッグリーグ2018・カルッツかわさき大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.11.23・ワールドタッグリーグ2018・五日目

スポンサーリンク

ジュース・ロビンソン

ジュース「おい、Cody、いつがいい?どこがいい?お前が望む日でいいぞ。望む場所でいいぞ

IWGP USヘビー級王座に挑戦表明をしたジュース・ロビンソン選手から、王者Cody選手にタイトルマッチはお前が望む日、望む場所でいいとメッセージ。

ただしCody選手は12月14日にROH・ファイナルバトルに出場するため、新日本プロレスの年内最後の後楽園ホール大会2連戦(12月14日&15日)には来日しません。

やはり決戦の舞台は来年2019年1月4日・レッスルキングダム13・東京ドーム大会となりそうです。

EVIL

EVIL「タッグリーグ、EVIL、SANADA組にとっちゃ、これぐらい楽勝なんだよ。ただよ、ただ、俺は(2015年の)タッグリーグ決勝、真壁(本間組)に負けてること、忘れてねえ。俺とSANADAが『(WORLD)TAG LEAGUE 2018』優勝して、引っ張って、さらにタッグの価値を上げていくからな。よく覚えとけ。Thisnis EVIL。Everything is EVIL。すべては…………EVILだ!

真壁刀義選手&トーア・ヘナーレ選手組から勝利を上げたEVIL選手ですが、本当にリベンジをしたいタッグチームはG.B.H.(真壁刀義選手本間朋晃選手組)。

EVIL選手は、G.B.H.と2対2のタッグマッチで過去2回対戦して2回とも自分がピンフォールを奪われて敗北。

タッグの価値を上げていくと宣言するからには、過去にタッグで敗れた相手にはしっかりとリベンジをしたいという気持ちが伝わるコメント。

EVIL選手が自らの手でG.B.H.にリベンジを果たす日を楽しみにしています!

飯伏幸太

--NEVERのベルトへのモチベーションなどは?
飯伏「単純に、後藤さんとやれることもうれしいんですけど、何よりもNEVERのベルト、これはすごい自由なベルトと僕は聞いたんですけど。実際、どうなんですか?自由ですね!自由。自由です。だから、僕はやりたかったんです。それ(挑戦のチャンス)、待ってました
--ベルトを獲った暁には、飯伏選手なりに自由に……。
飯伏「ま、自分の考えるところ、(自分にとって)ベストなベルトなんじゃないかと思ってますけど。自分の色に、完全になるんじゃないかと。そうしていきたいなと思います。このまま、いきますよ

12月9日・岩手大会で行われるNEVER無差別級王座戦の最後の前哨戦が終了。

IWGPヘビー級王座やインターコンチネンタル王座よりも自由度が高いのが、NEVER無差別級王座のベルトの魅力。

負傷欠場によりNEVER無差別級王座挑戦が流れてしまったウィル・オスプレイ選手との夢の対決は実現するのか?

12月9日・岩手大会が待ちきれない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA