新日本プロレス2016年の思い出:5月編

4月編に引き続き、2016年の新日本プロレスの思い出、事件、出来事を箇条書きでまとめながら5月を振り返ろうと思います!

5.3 福岡 レスリングどんたく

  • ケニー・オメガ、棚橋弘至のインターコンチ挑戦表明にラダーマッチなら「イエス!」
  • 永田裕志、NEVER無差別級王座奪取後に「柴田、もう一丁やろうぜ」
  • KUSHIDA「ライガーさん最終章、その時間を僕が止めておきました」
  • ライガー「ライガーはあと5年以内だ」
  • EVIL、後藤洋央紀にピンフォール勝ち
  • オカダ・カズチカ、SANADAにレインメーカーで勝利
  • 内藤哲也、石井智宏との激戦を制しIWGPヘビー級王座防衛
  • 内藤「木谷オーナー! あなたの目で! あなたの耳で! 会場の反応をぜひ確認しに来て下さい!」

ROH遠征

  • KUSHIDA、モーターシティ・マシンガンズ(クリス・セイビン&アレックス・シェリー)と「タイムマシンガン」結成示唆。
  • KUSHIDA、アメリカでカイル・オライリーに敗戦

5.19 新宿LION’S GATE

  • ライオンズ・ゲート第2弾開催
  • 平柳玄蕃、田口隆祐の元パートナーのフィン・ベイラー風のペイントで登場
  • 外国人ヤングライオントリオがノアの主力選手と対戦

BOSJ

  • ベスト・オブ・スーパー・ジュニア23開幕
  • 5.21 後楽園、オメガが棚橋の左肩を破壊
  • 5.21 後楽園、オライリーがKUSHIDAに勝利しマイク締め
  • 5.22 静岡から棚橋が欠場
  • 5.27 後楽園、オメガがハイフライフロー
  • 5.27 後楽園、リコシェvsウィル・オスプレイ
  • 5.29 大阪、デビッド・フィンレーが外道に公式戦で勝利

個人的趣向でKUSHIDA選手要素が多めなのは優しく受け流してください。

BOSJはシリーズの途中ですが決勝戦は6月に持ち越します。

どんたくでの石井選手の膝攻め、後楽園のリコシェvsオスプレイ戦はものすごく印象的。

今やオライリー選手もROH世界王座初戴冠を成し遂げましたし、プロレス界の流れは本当に早いですね。

少し気が早いですが来年のBOSJの高橋ヒロム選手の活躍が楽しみになってきました!

「新日本プロレス2016年の思い出:5月編」への2件のフィードバック

    1. ありがとうございます!
      トップロープのないリングの画像は確かにインパクトありましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)