石井智宏「オレがプロレスに興味をもったのは…」【新日本プロレス・2018年9月】

新日本プロレス・石井智宏選手のIWGPヘビー級王座戦への意気込みをご紹介。

スポンサーリンク

本日2018年9月15日、石井智宏選手はIWGPヘビー級王座に挑戦。

これまでケニー・オメガ選手とのシングルマッチ4試合の戦績は2勝2敗と互角。

自身2度目となるIWGPヘビー級王座挑戦に向けて、今週の週刊プロレス No.1976で意気込みを語りました。

べつに他の選手と変わらないよ。オレはだれが相手でも変わらない。危険っていう言葉が出て来ること自体がおかしいっていうか、闘っているわけだし、どうやって相手を倒すかっていうのでやってるわけだから。危ないとか危険とかっていうことを言われることが……プロレスの見方が変わったのかなんなのか。オレはそれがプロレスだと思ってるから
(中略)
オレがプロレスに興味をもったのは、なんであんな攻撃食らっても立ってこられんだ、スゲーなって。一番強い格闘技だなって思って、プロレスラーに(なった)。プロレスラーは超人?それがプロレスラーだから。客がどう思っても、オレはそれを変えないし、変わらない」(引用:週刊プロレス No.1976)

どんなに厳しい攻撃も100%受けてやるという姿勢こそが、石井智宏選手のプロレスラーとしての信念。

史上初の身長170cmのIWGPヘビー級王者誕生なるか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA