田口隆祐、第68代IWGPヘビー級王者に挑戦表明(現在オカダ・カズチカは第65代王者)

新日本プロレス WORLD TAG LEAGUE 2016 12.10 宮城の試合後に、ジュニアヘビー級の田口隆祐選手が第68代IWGPヘビー級王者に挑戦表明しました!

スポンサーリンク

田口 それよりも何よりも、今から言っとかないと。IWGPヘビー級が、69代近いですから、誰よりも早く69代への挑戦表明をしときます。68代チャンピオン、挑戦を受けろ!(引用:新日本プロレス公式サイトより)

まさかのヘビー級への挑戦表明!

第69代IWGPジュニアヘビー級王者に輝いて以降、なぜか69という数字に執着するようになった田口選手。

第68代チャンピオンにはまだ他に誰も挑戦表明をしていないので、現在第68代チャンピオンに対してのナンバーワンコンテンダー。

道標明の紅白落選、ドイツでタイトルマッチに敗戦、高橋ヒロム選手のロスインゴハズカシメルス勧誘失敗と、ここ最近は良いことが少なかったので新しい目標を持つのは大変素晴らしいことだと思います。

しかし、現在のIWGPヘビー級のチャンピオンであるオカダ・カズチカ選手は第65代王者。

69代が近いとはいえ…これは早すぎるのでは?

この挑戦表明の真意を知りたい人は、是非明後日12/13(火)に阿佐ヶ谷LOFTで田口選手に直接聞いてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA