【新日本プロレスWTL2016】タマ・トンガ&タンガ・ロア組が決勝進出!1.4の防衛戦はテンコジが見たい!

新日本プロレス 12.6 WORLD TAG LEAGUE 2016茨城・水戸で行われたAブロック公式戦最終日の結果により、ゲリラズ・オブ・デスティニーが優勝決定戦進出を決めました。

  • GOD 12点 優勝決定戦進出
  • テンコジ 8点
  • 内藤組 8点
  • ウォーマシン 8点
  • 裕二郎組 8点
  • 棚橋組 6点
  • レイス組 6点
  • 中西組 0点

タマ・トンガ&タンガ・ロア組は天山広吉&小島聡組相手に開幕戦を落としたものの、それ以降全勝で決勝進出決定!

IWGPヘビー級タッグ王者チームが順当に勝ち進むのは珍しい気がします。

今夜どのチームがBブロックから上がってくるのかも楽しみですが、決勝でタマ・トンガ&タンガ・ロア組が敗れ、2017.1.4東京ドーム大会でリベンジというのではあまりに予定調和。

個人的にはこの勢いのまま優勝し、2017.1.4東京ドーム大会の防衛戦にテンコジを指名してもらいたいです!

でもそうするとテンコジに勝利したチームも黙っていないはずなので、もしかすると1.4の防衛戦は複数チームで争われるかもしれません。

12.10 宮城ではBULLET CLUBの新メンバーを発表することもケニー・オメガ選手が公言しているので、新メンバーの初登場に華を添える意味でも、タマ・トンガ&タンガ・ロア組の優勝に期待したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)