2016年新日本プロレスG1クライマックス永田裕志

永田裕志G1クライマックス2連勝の秘訣は息子にあり!

自称ロスインディオスハンターの永田裕志選手がG1 CLIMAX開幕から2連勝!

その秘訣は自慢の息子にあり。

また前日の23日には、長男・裕生君(6)が全国少年少女レスリング選手権大会小学1年生の部21キロ級で準優勝の好成績を残した。「決勝戦で負けて『もっと強くなりたい』って泣いてたけど、負けず嫌いなのは俺譲りだね。自分の遺伝子、息子の頑張りは励みになるよ」(引用 東スポwebより)

息子の裕生君の頑張りに負けてはいられない永田選手は、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤選手とEVIL選手相手に2連勝。

そしてあくまでロスインディオスと呼び続ける。

ロスインゴvs第三世代とか考えると、G1後の続きが楽しみすぎる!

なんか凄く眠いゼァ。

Yuji Nagataさん(@yuji_nagata)が投稿した写真 –

まだ残り14大会とハードスケジュールだが、柴田選手の言葉をお借りするなら「オッサンをなめんなよ、ゆとり」ってところをガンガン見せてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)