内藤哲也「明日、俺にとってアニベルサリオなんだよ」、岡「俺がG1に出る」、オーエンズからのお願い、BUSHIの反撃【新日本プロレス・2018.5.26】

新日本プロレス・2018年5月26日・ベストオブザスーパージュニア25・名古屋国際会議場(イベントホール)大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.5.26・ベストオブザスーパージュニア25・愛知

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

岡倫之

岡「『G1』出場したいと……。YOSHI-HASHI、まあ、俺の言葉に反発しないのは、俺がヤングライオンだから顔じゃねえって思ってんスか?その小さなプライド、ハートは次、砕かしていただきます。そして俺が『G1』に出る……

G1出場権を得るためにYOSHI-HASHI選手を挑発し続ける岡倫之選手ですが、まだYOSHI-HASHI選手からは返答なし。

YOSHI-HASHI選手の立場からすれば、毎試合ギブアップを奪っている相手から噛みつかれたところで顔じゃねえと思うのも当然。

以前に後藤洋央紀選手に噛みついた時は、まず後藤洋央紀選手が誰でも名乗りをあげてみろよと挑戦者を募ったことが発端だったので相手をしてくれたが、今回のYOSHI-HASHI選手のケースは違いますしね。

今シリーズの残り7大会、岡倫之選手とYOSHI-HASHI選手が対戦するのは29日・栃木大会のみ。

後日配信のため現地組以外は試合を見ることは出来ませんが、YOSHI-HASHI選手が反発せざるを得ないようなファイトで返答を引き出してほしい。

チェース・オーエンズ

スカル「チェーズよ、お前、今夜、負けたのに、そんなこと言える口か?勢いを着けたかったのに、お前のせいで負けてしまったんだぞ。まあ、俺は必ず巻き返す。俺の前に顔を出せる結果を残してくれ。まあ、明日、デスペラードの指を折って、泣きわめく姿が目に浮かぶぜ。ワーワーわめく姿がな。そして、『ドクターを呼んでくれ、ドクターを!』と叫ぶ姿がな。でも、今はお前のためにドクターを呼ばない。誰か、ドクターを呼んでくれ!ドクターを!
オーエンズ「大丈夫だ。ドクターは必要ない。それよりプロレスリング・Tのサイトにアクセスしてチェーズ・オーエンズを検索してTシャツを買い求めてくれ……
スカル「どさくさにまぎれて、何を言ってるんだ……

チェース・オーエンズ選手がプロレスリング・Tのサイトにアクセスしてチェーズ・オーエンズを検索してTシャツを買い求めてくれとファンにお願い。

ProWrestlingTees.com のチェース・オーエンズ選手のページはコチラ

興味のある方は覗いてみください!

内藤哲也

内藤「負けてしまったけど、昨日のヒロム、そして、今日はBUSHI、明日はまたヒロム。こうして『BEST OF THE SUPER Jr.』は彼らが盛り上げてるでしょ。そして海の向こうでは、EVIL、SANADAが、イギリスでLOS INGOBERNABLES de JAPONをアピールしていることでしょう。なんか、お互い刺激し合ってね。非常にいいユニットですよ、我々、LOS INGOBERNABLES de JAPONは。そんな中、今日、メインイベント、BUSHIがいったいどうやってオスプレイを攻略するのか、見ものだねえ……。早く着替えて、メインイベントを見ないといけないんでね。そろそろ行かないとかな。てか、てか、明日、俺にとって、Aniversario(アニベルサリオ=記念日)なんだよ。なにかわかる?東京スポーツの岡本記者、なにかわかる?え?え?5月27日ですよ。Vientisiete de Mayo(ヴィエンティシエテ・デ・マヨ)ですよ?わからないんですか?Aniversarioだよ。オイオイオイ、これは怒りのファミレス緊急招集、近いんじゃないの?ちゃんと勉強してきてよ。おっとっとっとっと、余計な話はこれぐらいにしといて、早く着替えなきゃ……。じゃあ、明日、またここ、名古屋国際会議場でお会いしましょう。岡本記者、勉強してきてくださいね、Adios

本日5月27日は、内藤哲也選手のプロデビュー記念日であり、そしてロス・インゴベルナブレス加入記念日でもある。

関連:5月27日は内藤哲也の特別な日【新日本プロレス・2017年5月】

内藤哲也選手の記念日をみんなでお祝いしましょう!

BUSHI

BUSHI「IWGPジュニア(ヘビー級)チャンピオン、ウィル・オスプレイに勝ったよ。これが俺の第一歩だ。俺はよ、3敗してるよ。3回負けた。でも、こっから這い上がってやるぜ。みてろよ。Ec Serio、マ・ジ・で……

現IWGPジュニアヘビー級王者のウィル・オスプレイ選手から今大会初勝利を上げたBUSHI選手がこっから這い上がってやるぜと反撃を宣言。

また現王者から直接勝利したことにより、ウィル・オスプレイ選手が下半期もベルトを保持し続ければ、BUSHI選手にも王座挑戦のチャンスが訪れるかもしれない。

だがBOSJ25の結果自体が振るわなければ、いくら直接勝利を上げていても、王座挑戦に説得力がなくなってしまう。

BUSHI選手が今後の公式戦でどこまで巻き返せるか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA