YOHの新技は?セントーン?アナコンダバイス?【新日本プロレス・2018年5月】

新日本プロレス・YOH選手のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25に向けたインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

明日2018年5月18日より開幕するベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25。

関連:ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25出場者・ブロック分けが決定!【新日本プロレス・2018年5月】

ヤングライオン時代を含めて2度目の出場となるYOH(元:小松洋平)選手は、今大会に向けて新技を用意。

YOH  YOHとしての出場は初ですし、最近はSHOとのタッグでの試合がほとんどなので、シングルマッチ自体が久しぶり。個人の実力を試せるいい機会ですし、「コイツらの試合は、シングルでもおもしろい」と印象づけられたらと思っています。今回の大会用に、フィニッシュ・ホールド(勝利するための必殺技)も考えました。(引用:ananweb

I just finished workout☆

Yohei Komatsuさん(@youheeei0625)がシェアした投稿 –

コンプリートショット、ダブルニーアタック、ROLL of K(逆片エビ固め)に代わる新たなフィニッシャーはどんな技になるのか?

プロレスラーとしてデビューする前、YOH選手はプロレス学校時代にヒロ斎藤選手の指導を受けており、もしかすると新技はヒロ斎藤選手の代名詞でもあるセントーンかも?

さすがのヒロさんも弟子のデビュー戦だけは見逃すわけにはいかないと思ったのだろう。この小松君は、プロレス学校でヒロさんの指導を受けた生徒のひとりなのである。
(中略)
デビューしたら、(ヒロさんの得意技である)セントーンを使いたい
彼はプロレス学校時代、仲間にこう漏らしていたそうだ。(引用:スポーツコミュニケーションズ 垣原賢人「マル秘ファイター列伝」

もしくはヤングライオン時代に付き人を務めた天山広吉選手のアナコンダバイスか?

いつ海外に行ってもいいように、拘りの関節技も開発している。そこにもうひとつ、受け継ぎたい締め技がある。それは天山広吉のアナコンダバイス。3年間、世話をさせてもらった証として、「最後の付き人世代」小松洋平はそう願っている。(引用:『別冊ゴング』2016新年特別号)

明日のBOSJ25開幕戦、YOH選手の対戦相手はBUSHI選手。

YOH選手は新技で勝利を飾ることが出来るのか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA