トーア・ヘナーレがTOAボトムで石井智宏をノックアウト、鈴木みのる「この試合キャンセルだ」【新日本プロレス・2018.4.17】

新日本プロレス・2018年4月17日・ロードトゥレスリングどんたく2018・石川県産業展示館3号館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

トーア・ヘナーレ

ヘナーレがカウンターヌカドーラで叩きつけ、最後はTOAボトム(※変型ロックボトム)で成田を倒した。

昨日17日の第3試合、トーア・ヘナーレ選手はこれまでフィニッシュに使用していたバックフリップ(サモアンドロップ)ではなく、TOAボトム(変型ロックボトム)で勝利!

そしてその勢いのまま、第5試合終了直後の石井智宏選手を襲撃して、TOAボトムでノックアウト!

第5試合終了後、ジュースが後藤を鉄柵へ叩きつける。
その直後、ヘナーレがリング内へ乱入し、石井を襲撃。スピアーでなぎ倒すと、TOAボトムでKOしてしまった。

トーア・ヘナーレ選手が何度もシングルマッチを要求している石井智宏選手に対して実力行使。

この襲撃後に石井智宏選手はヘナーレか?若造、オラ。テメエ、何をしたか、わってんだろうな?自分で何したか、わかってんだろうな?と、ついに興味を示した様子。

今シリーズはすでに全大会の対戦カードが発表されているため、どんたくシリーズ終了後の5月6日・愛媛大会でシングルマッチか?

ただ石井智宏選手は5月11日にイギリス遠征も控えているため、もし愛媛でシングルマッチが組まれたら過酷なスケジュールになりそうですね。

関連:石井智宏、RPWブリティッシュヘビー級王座初戴冠&今後の防衛戦について語る【新日本プロレス・2018年4月】

鈴木みのる

鈴木「オイ、内藤、お前、この(IWGP IC)ベルトに価値がない、そう、『そんなに大事にして何になんだ』って、お前、なに言ってんだよ?そうか、そうか、お前からは、この俺に挑戦するっていう意思を感じない。今からキャンセルしてもいいぞ。俺が欲しいのは、俺の首と、そして俺が持つこの宝、目ぇひん剥いて獲りに来るヤツ、そいつの首獲ることなんだよ。俺が欲しいのは、それなんだよ。『僕、興味ありません』『ベルトなんかまったく必要ありません』……じゃあ、よし、こうしよう。IWGP実行委員会よ、この試合キャンセルだ。不成立だ。だって、挑戦者に挑戦する意思がねぇんだから。だろ?(タイトルマッチは)なし……

4月29日・レスリング火の国2018・グランメッセ熊本大会で、内藤哲也選手の挑戦を受けるIWGPインターコンチネンタル王者・鈴木みのる選手。

インターコンチネンタル王座のベルトを価値がないと言い切る内藤哲也選手の言動を受けて、挑戦者に挑戦する意思がねぇからこの試合キャンセルだと主張。

このままだと内藤哲也選手も今からキャンセルしてもいいと言いかねないですね。

だが鈴木軍の新日本プロレス再上陸から1年以上寝かされてきた内藤哲也選手と鈴木みのる選手の抗争が、こんな形で終わってしまってはもったいなさすぎる。

ここからタイトルマッチに向けてどう盛り上げていくのか、内藤哲也選手の次なる主張を期待して待ちましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA