EVILvs柴田勝頼 NEVER無差別級王座戦

柴田勝頼「何でも使えって。イスでもベルトでもマーライオンでも。」


新日本プロレス 2016.11.15 WRESTLING WORLD 2016 IN SINGAPORE シンガポール・マリナーズ・ベイ・サンズで行われるNEVER無差別級王座戦に向けた柴田勝頼選手の意気込みをご紹介します。

「途中まで正面から来るから、忘れてた。あ、こいつ内藤軍団(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)だったって。俺もビール瓶で殴られたりとかしてたのに、そういうのが頭から飛んでた。自分の甘さというか」
(中略)
何でも使えって。イスでもベルトでもマーライオンでも。それも含めて戦い。俺はアイツに、本当のイスの使い方を教えてやる」と豪語。(引用:東スポWebより)

シンガポール大会楽しみですね!

柴田選手はレボリューション・プロレスリング(Revolution Pro Wrestling)のRPWブリティッシュ・ヘビー級王座を防衛したので、シンガポールのメインイベントは王者同士の対戦になります。

柴田選手が勝利すれば2冠に輝き、2013年にラ・ソンブラ選手がメキシコで中邑真輔選手からタイトルを奪って以来の、海外での新日本プロレスのベルト移動ということになります。

またこの試合の勝者は、2017.1.4東京ドームの本戦への出場が決定的になるので余計に負けられません。

新日本プロレスワールドでは11/15 20:00 ~LIVE配信も決定しているので、日本のファンの皆さんもお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)