G1 CLIMAX初優勝新日本プロレスEVIL

過去のG1初出場・初優勝は海外遠征帰国直後の選手のみ!つまり今年可能性があるのは・・・

過去のG1 CLIMAX初出場・初優勝者は、海外遠征帰国直後のG1でしか生まれていない。

今年の初出場者で該当する選手はあの選手だけ。

過去のG1 CLIMAXで初出場・初優勝を果たしたのは、第1回の蝶野正洋選手を除いて、後藤洋央紀選手とオカダ・カズチカ選手のみ。

後藤選手は2007年にメキシコから凱旋帰国し、2008年第18回G1の決勝で真壁刀義選手に勝利してG1を制した。

オカダ選手は2011年に凱旋帰国し(凱旋試合は2012年1月)、2012年第22回G1でカール・アンダーソンに勝利し、二人目のG1初出場・初優を遂げた。

つまりこれまでの初出場・初優勝の条件は、海外武者修業帰国直後の最初のG1だけ。

そして2016年第26回G1初出場者で、海外遠征帰国直後の選手はEVIL選手のみ!

SANADA選手はW-1で凱旋帰国をしているので、残念ながらこの条件からは外れる。

タマ・トンガ選手、YOSHI-HASHI選手、ケニー・オメガ選手、中嶋勝彦選手も残念ながら対象外。

この条件だとすでに5選手が優勝予想から脱落。

こういう優勝予想の仕方も意外と面白い。

EVIL選手は7.24後楽園ホールで永田裕志選手と対戦。

史上3人目のG1初出場・初優勝と、内藤選手が初戦で敗れたリベンジを果たせるか注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)