高橋ヒロムとフリップ・ゴードン、ペイジがUS王座挑戦表明、ゴールデン☆ラヴァーズの目標【新日本プロレス・2018.2.24】

新日本プロレス&ROH合同興行・2018年2月24日・HONOR RISING:JAPAN 2018・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.2.24 オナーライジング 後楽園【第2試合まで無料】

高橋ヒロム&フリップ・ゴードン

ヒロム「いいね!いいね!フリップ・ゴードン!まだデビューして2年ちょっとだろ!?あー、好きだよ、ああいうの。すげぇ苦手だけど、好きだよ。な、俺にはさぁ、何の権限もねぇよ。何の権限もねぇけどさぁ、『BEST OF THE SUPER Jr.』来いよ。来てみろよ。言い続けろ。昨日、オマエが言ったこと、言い続けろよ。叶うかもしれねぇよ。そん時、やろうぜ。
(中略)
フリップ「昨晩のニュージャパンデビュー戦で、俺はタカハシ・ヒロムをあのリングに沈めた。ただ、今夜は同じリングで俺がタカハシ・ヒロムにやられた。ただ、『BEST OF THE SUPER Jr.』に俺がエントリーしたい気持ちは変わらない。タカハシ、1対1でやろう。タカハシ、アメリカに来たらどうだ?ROHのリングで、1対1でやろうじゃないか

高橋ヒロム選手はベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25で、フリップ・ゴードンはROHで、お互いに再戦を希望。

早ければ5月9日~13日に開催されるROH&新日本プロレス合同ツアー・THE WAR OF THE WORLDS TOURでのシングルマッチもあるかも?

だがBOSJ25出場者発表は、昨年と同じならば5月3日&4日・レスリングどんたく2018・福岡国際センター大会となる見込み。

THE WAR OF THE WORLDS TOURで結果を残すのではアピールにならないので、高橋ヒロム選手の言う通り、エントリーが決まるまでBOSJ出場へのアピールを言い続けて欲しい。

ハングマン・ペイジ

ペイジ「オマエらが聞きたいのは一つだけだろう?ジェイ・ホワイト、俺はオマエを倒した!あのクソヤローをやってやったぜ!俺は今、アイツ以外に何も見えてないんだ!オマエらみんな、ジェイ・ホワイトが俺にやられるところを見たろう!?俺がファイターだってことが分かっただろう!アイツはIWGP USチャンピオンだ。アイツがどんなにハードにやってきても、俺の方が上なんだ。俺はアイツの持ってるタイトルがほしいんだ!タイトルマッチのチャンスがいつ来るのかは分からない。でも、いずれその日はやってくる。そして俺がアイツから、あのベルトを奪うんだ。俺には見えてる

IWGP USヘビー級王者のジェイ・ホワイト選手を完全にノックアウトしたハングマン・ペイジ選手がアイツの持ってるタイトルがほしいと正式に挑戦表明!

まだ1試合しか対戦カードが決まっていない3月25日・ストロングスタイルイボルブド・カリフォルニア州ロングビーチ大会でのタイトルマッチが濃厚か?

関連:21年ぶりのレイ・ミステリオ・ジュニア対獣神サンダーライガー【新日本プロレス・2018年3月】

以前にCody選手もIWGP US王座を手にしたら、本当に上手くやれると思うと興味を示していただけに、もし仮にハングマン・ペイジ選手が王座を獲得したら、再びバレットクラブ内紛の火種になる予感。

これ以上バレットクラブ内の混乱が続かないようにするためにも、ジェイ・ホワイト選手にはしっかりと初防衛を果たしてもらいたい。

ゴールデン☆ラヴァーズ

―2人で目指すべきものは定まってますか?
飯伏「いろいろタイトルマッチとかもあるし、最終的にはIWGPヘビーのタッグのベルトが獲りたい。それまでにも、各自なにか獲るモノがあると思うので、それを達成しつつ、タッグのベルトも獲りたい
ケニー「(※日本語で)正直、私にはベルトとか関係なく、ホント“世界のベスト”を証明して見せたいです。それはベルトを持つか、持たないか、ホント私には関係ないです。We can change the world
――フィニッシュ名は、“ゴールデン☆トリガー”で決定ですか?
ケニー「(※日本語で)ハイ。私が勝手に名前つけたけど、“ゴールデン☆トリガー”でいいかな?
飯伏「いい!

飯伏幸太選手のカミゴェとケニー・オメガ選手のVトリガーの合体技「ゴールデン☆トリガー」で、タッグ復活後の初勝利を上げたゴールデン☆ラヴァーズがそれぞれ今後の抱負を語った。

飯伏幸太選手の目標はIWGPタッグ王座、ケニー・オメガ選手の目標はベルトに関係なく世界最高のタッグチームであることを証明していくこと。

まだ新日本プロレスのヘビー級でベルトという明確な結果を残していない飯伏幸太選手と、ここ数年で確かな実績を残したケニー・オメガ選手にとって、現時点でお互いの目標に違いがあるのは当然。

まだまだゴールデン☆ラヴァーズは再開したばかり、これからまた二人でリング上で面白い景色を見せてくれることを期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA