黒潮イケメン二郎「イケメンにしか挑戦させません」、蝶野正洋がケンカキック!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1TV #045は、レッスルワン・2月14日・後楽園ホール大会&2月16日・PRO-WRESTLING MASTERS・後楽園ホール大会速報!

スポンサーリンク

今週は如月さや(@saya_0415)さんがお届け!

まずは2月14日・後楽園ホール大会!

クルーザーフェス2018・1回戦の4試合が行われ、アレハンドロ選手、MAZADA選手、アンディ・ウー選手、土方隆司選手が準決勝進出!

セミファイナルではニューワイルドオーダーとアンファンテリブルが激突。

遂に征矢学選手が覚醒、ワイルドボンバーでヒゲを切られた立花誠吾選手にリベンジ!

勝利の勢いそのままに、3月14日・後楽園ホール大会でのWRESTLE-1チャンピオンシップ挑戦が決定。

そしてメインイベントのWRESTLE-1リザルトチャンピオンシップでは、黒潮イケメン二郎選手がムーンサルトプレスで勝利してリザルト初戴冠!

新王者が掲げた公約は2つ。

デザインの変更
イケメン(ツラのいい奴)にしか挑戦させない

タナカ岩石選手、近藤修司選手、熊ゴロー選手には挑戦権なしと勝手に認定。

黒潮イケメン二郎選手の防衛ロードに期待!

最後は2月16日・PRO-WRESTLING MASTERS。

蝶野正洋選手が年末恒例のビンタではなく、ケンカキックを決める瞬間を是非ご覧ください!

次回のマスターズでは蝶野正洋選手の完全復活に期待しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA