NXTタッグ王座戦が6人タッグトルネードマッチに変更!【WWE・NXT・2018年2月】

WWE・NXT・2018年2月7日(日本時間2月8日)放送分の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

先週のNXTはコチラ!

NXTタッグ王座戦

[王者組]ボビー・フィッシュ 

vs

アレクサンダー・
ウルフ
 カイル・
オライリー
 エリック・ヤング

アンディスピューティッドエラが3人で入場中、サニティも3人で現れて襲撃。

乱闘に発展してしまい、バックステージからセキュリティが止めに入るが、アンディスピューティッドエラはリングを下りて帰ろうとしてしまう。

そこにウィリアム・リーガルGMが登場、もうたくさんだ、こんなことは今夜で終わりだ。メインイベントは6人タッグトルネードマッチだ!と、NXTタッグ王座戦を行わず6人タッグトルネードマッチに変更!

タッグマッチ

オーティス・
ドーゾビッチ
 

vs

× ティノ・
サバテリ
〇 タッカー・
ナイト
コンパクター

リディック・モス

ヘビー・マシナリーがコンパクターで勝利!

試合後、敗れたティノ・サバテリ選手が手を差し出すと、タッグパートナーのリディック・モス選手は拒否してひとりで帰っていく。

ジョニー・ガルガノ

テイクオーバー・フィラデルフィアでNXT王座戦に敗れたジョニー・ガルガノ選手が登場、ここにやって来て、みんなからのリアクションでハッキリとした。あの夜に俺が手に入れたのはタイトル獲得以上の物だった、それはみんなからのリスペクトだと感謝を述べる。

そこにNXT王者アンドラデ・シエン・アルマス選手が登場、ともに現れたゼリーナ・ベガ選手があなたは何も手にしていないあなたが証明したのは負けたという事実だけと挑発。

ジョニー・ガルガノ選手がテイクオーバーのお気に入りのシーンはリスペクトを得た瞬間だった。2番目にお気に入りのシーンは、俺の妻が壁を越えてお前を攻撃した瞬間だと返すと、再びキャンディス・レラエ選手が現れて場外にゼリーナ・ベガ選手を押し出す。

ゼリーナ・ベガ選手は二人にはうんざり、あんたたちを追い払うには何が必要なの?と嘆くと、ジョニー・ガルガノ選手は去って欲しければ、もう一度タイトルに挑戦させてくれと頼む。

するとゼリーナ・ベガ選手がハッキリさせましょう。タイトルマッチをさせてあげる代わりに、あんたが敗れたら永遠にNXTから去ってもらうと告げると、ジョニー・ガルガノ選手ももし俺がNXT王座戦に勝てなかったら、NXTを去ってやると宣言。

シングルマッチ

〇 ビアンカ・
ブレア
アリウープ

vs
× ジェシー・
ティル

ビアンカ・ブレア選手がアリウープで勝利!

6人タッグトルネードマッチ


アダム・コール
 

 

vs

〇 キリアン・
デイン
アルスタープランテーション
× ボビー・
フィッシュ
アレクサンダー・
ウルフ
カイル・オライリーエリック・ヤング

ノーDQ戦(反則裁定無し)&場外カウントなしのため、イス&机や竹刀あり、バックステージでの攻防ありの展開。

キリアン・デイン選手がアルスタープランテーションで勝利!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA