《動画追加》次期WWE王座挑戦者決定戦&US王座戦!【WWE・スマックダウンライブ 2018.2.6】

WWE・SmackDown LIVE・2018年2月6日(日本時間2018年2月7日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

先週のスマックダウンライブはコチラ!

シェイン&ブライアン

まずはシェイン・マクマホンが登場、今夜のメインイベントを決定したダニエル・ブライアンGMを呼び込む。

ダニエル・ブライアンGMは今夜のメインイベントを決定した経緯、そしてロイヤルランブル2018で起きた誤審について改めて説明。

するとシェイン・マクマホンはお前は二人にWWE王座へのチャンスを与え続けている。ロイヤルランブル以前もな。なぜチャンスを与え続けるのか理解できない、さらにYEPムーブメントはお前の安っぽい模倣だ。これ以上お前を二人に操られて欲しくない。何よりも、お前自身がリングで闘いたいんだろ、そしてケビン・オーエンズとサミ・ゼインを自分に重ねているんだと、ダニエル・ブライアンGMの行動を分析。

そこにAJスタイルズ選手が登場、バンプもアザも、飛行機のキャンセルも、家族と離れるのも耐えられる。だがスマックダウンライブの管理者がケビン・オーエンズとサミ・ゼインに執着するのは耐えられない。ブライアンだけではなく、シェインもだ、そして何か決断を下すたびに俺に影響が出る。俺は誰と対戦しようが構わない。だから今夜、二人は手出ししないでくれ。自分の運命は自分で決める。俺はレッスルマニアにWWE王者として足を踏み入れるんだと宣言。

シャーロットvsリブ

〇 シャーロット・
フレアー
フィギュアエイト

vs

× リブ・モーガン

試合途中、ライオットスクワッドがリブ・モーガン選手を手助けすると、レフェリーがセコンドに退場を命じる。

シャーロット・フレアー選手がフィギュアエイトで勝利!

ブラジオン・ブラザーズ

〇 ブラジオン・
ブラザーズ
ダブル・クルシフィックス・パワーボム

vs

× ??

ブラジオン・ブラザーズがダブル・クルシフィックス・パワーボムで勝利!

試合後にウーソズが登場すると、ブラジオン・ブラザーズの横を通り過ぎてリングイン、今週も両チームの接触はなし。

スポンサーリンク

スマックダウン・トップ10

先週発表されたスマックダウンライブのランキングシステムスマックダウン・トップ10の第1回結果発表。

ロッカールームの選手たちによる投票でトップ10を決定、また選手たちは自分には投票が出来ない。

1位:AJスタイルズ
2位:シャーロット・フレアー
3位:
中邑真輔
4位:ナオミ
5位:ボビー・ルード
6位:ニューデイ
7位:ウーソズ
8位:ベッキー・リンチ
9位:ランディ・オートン
10位:タイ・デリンジャー

US王座戦

〇[王者]
ボビー・ルード
グロリアスDDT

vs

× ルセフ

ボビー・ルード選手がグロリアスDDTで勝利、王座防衛!

試合後、喜ぶボビー・ルード選手をランディ・オートン選手がRKOで襲撃!

さらにエイデン・イングリッシュ選手、ルセフ選手にもRKO!

ベンジャミン&ゲイブルvsアセンション

〇 シェルトン・
ベンジャミン&
チャド・ゲイブル
合体パワーボム

vs

× アセンション

シェルトン・ベンジャミン選手が合体パワーボムで勝利!

次期WWE王座挑戦者決定戦

サミ・ゼインvsケビン・オーエンズ

サミ・ゼイン選手がAJスタイルズ選手を挑発すると、AJスタイルズ選手が手を出してしまいノーコンテスト。

そして二人まとめてプランチャで一掃、そこにダニエル・ブライアンGMが登場、ケビン・オーエンズサミ・ゼインは素晴らしいパフォーマンスを見せたが、AJスタイルズは場外で邪魔をした。従って、両者がファストレーンでWWE王座にトリプルスレットマッチで挑戦する!と、ファストレーン2018(3月11日)でのWWE王座戦・3WAYマッチを決定!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA