芦野祥太郎が盤石の王座防衛!2017.12.10・レッスルワン・後楽園ホール大会ハイライト!【週刊WRESTLE-1 TV】

レッスルワン・12月10日・後楽園ホール大会速報の「週刊WRESTLE-1TV #036」!

スポンサーリンク

今週は西原啓子(@keiko624)さんがお届け!

まずは12月10日・後楽園ホール大会の全試合ハイライト!

佐藤嗣崇選手も着実に身体が大きくなっており、タナカ岩石選手、立花誠吾選手といったACE勢・元ACE勢も個性を発揮し始めるなど、今年の新たなレッスルワンが感じられる試合が続きましたね。

そして狭山市議会議員の土方隆司選手も素晴らしい試合!

レッスルワンが全日本系の団体というのは知っていましたが、今回のクルーザー挑戦の裏にカズ・ハヤシ選手の存在があったのは知りませんでした。

また熱い蹴り合いを見せてもらいたいと思います。

そしてメインイベント、左肩と右膝にテーピングを施した満身創痍の伊藤貴則選手がWRESTLE-1チャンピオンシップに初挑戦。

芦野祥太郎選手は負傷個所を容赦なく攻め、伊藤貴則選手の攻撃も受け切ったうえで、この試合で最初のアンクルロックでギブアップ勝ち!

盤石の王座防衛を果たした王者は、誰かが出てきてよ、挑戦したいです、はい決定。俺、このやり方気に食わないからさ。俺はこれからやりたいと思った相手としか防衛戦しません。それがよ、このベルトの価値を高めるんだよ。俺にとってね、このベルト全てなんだよ。軽々しくよ、リング上がってきて挑戦してぇだの、ああだこうだ言うんじゃねえと、芦野祥太郎選手なりの言葉で話し、最後はイケメン劇場で2017年最後の後楽園ホール大会を締めくくりました。

また来年もレッスルワンの闘いをお楽しみに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA