鈴木みのる「目的のところに動こう」、L・I・Jジュニア勢の主張【新日本プロレス 2017.12.5 バックステージコメント】

新日本プロレス・2017年12月5日・WORLD TAG LEAGUE 2017・大分イベントホール大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

鈴木みのる

鈴木「オイ、さあこれで、タッグリーグも終わりだ。それぞれの目的のところに動こうか。まあ、それぞれの目的は……まだ教えない。ハハハハ。俺たち鈴木軍……
鈴木&アーチャー&スミス「(※声を合わせて)イチバ~ン

今シリーズ、後藤洋央紀選手からのNEVER無差別級王座挑戦表明を拒否し続けている鈴木みのる選手が、それぞれの目的のところに動こうとコメント。

後藤洋央紀選手についてコメントしない辺り、まだまだ眼中にない様子。

しかし後藤洋央紀選手も年を越すのも覚悟の上と、来年以降の王座挑戦でも構わないという姿勢のため、必ずしもNEVER無差別級王座の次期挑戦者は後藤洋央紀選手とは限らない状況。

これまで鈴木みのる選手が「用がある」と名前を挙げていたのは、オカダ・カズチカ選手、ケニー・オメガ選手、棚橋弘至選手、内藤哲也選手。

彼らに噛みついていくのか、それとも別のサプライズを用意しているのかが気になるところ。

またそれぞれということは、鈴木軍メンバーのK.E.S.、飯塚高史選手、ザック・セイバーJr選手、タイチ選手、金丸義信選手、TAKAみちのく選手、エル・デスペラード選手にも動きがあるかもしれない。

ワールドタッグリーグ2017終了後は、後楽園ホール大会2連戦(12月17・18日)を挟んで、翌年1月4日にレッスルキングダム12・東京ドーム大会というスケジュールのため、行動を起こすために残された時間は長くない。

鈴木軍のそれぞれの目的はどこなのか、今後の展開から目が離せない。

BUSHI

BUSHI選手は現在、EVIL選手&SANADA選手とNEVER無差別級6人タッグ王座を保持している。

レッスルキングダム12・東京ドーム大会での防衛戦が濃厚だが、EVIL選手&SANADA選手がワールドタッグリーグ2017に優勝した場合、二人のIWGPタッグ王座挑戦を優先すると明言。

2人にはWTLに専念してもらって、防衛戦は次の日(1月5日)の後楽園でもいいんじゃない?」と、防衛戦スライドを提案。さらに「なら俺はIWGPジュニアに挑戦させてもらう。どうせ言ったもん勝ちで決まった4WAY戦でしょ?4WAYも5WAYも変わらないって。2人がWTLで優勝できたら、俺の追加も認めてもらいたい」と、タイトルホルダーの特権でカード変更を要求する構えを見せた。(引用:東スポweb

東京ドーム大会での防衛戦を諦める代わりに、IWGPジュニアヘビー級挑戦を要求。

関連:新日本プロレス・2018.1.4・レッスルキングダム12・東京ドーム大会の第2弾対戦カード発表!

IWGPジュニアヘビー級王者のマーティー・スカル選手、挑戦者のひとりである高橋ヒロム選手は好意的(後述)だが、KUSHIDA選手、ウィル・オスプレイ選手は、この要求を飲むだろうか…

高橋ヒロム

ヒロム「みんな、ハッピーデーを喜んでくれて、心の底から俺、ダリル、キャロル、そしてジュニアは幸せです。ありがとうございました。一つ……東スポさん、なんでファミレス、俺、呼んでくれなかったの?な?俺、すごいヒマだったんだけど。俺、なにも呼ばれてないんだけど。どうしてかなあ?で、記事見たらさ、BUSHIさんがさ、5WAYとか言ってるじゃん、東京ドーム(のIWGPジュニアヘビー級選手権試合)……。4WAYじゃなくて、5WAYでもいいんじゃないかって言ってるじゃん?ね、なんでその場に俺がいないんだよ。ね?俺はいいよ、5WAYだろうが、なんだろうが。俺はいいよ。勝つのは、この俺だから、ね、みんあ、聞いてる?4WAY(に出場する)みんな。俺しか盛り上げてないってどういうことよ? いや、俺とオスプニャ~、オスプニャ~の2人しか盛り上げてないってどういうことよ。聞いてるんだったらさ、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと~~~~~~! 楽しませてくれよ

高橋ヒロム選手は勝つのは、この俺だからと、BUSHI選手の要求を受諾。

あとはマーティー・スカル選手、KUSHIDA選手、ウィル・オスプレイ選手の返答次第ですね。

それからハッピーデーに関してはコチラ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA