棚橋弘至がジェイ・ホワイトに要求「本隊に入れて俺がキッチリ育て上げてやる」【新日本プロレス・2017年12月】

新日本プロレス・IWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至選手が次期挑戦者ジェイ・ホワイト選手にメッセージ!

スポンサーリンク

ジェイ・ホワイト選手は、2017年11月5日・大阪大会で凱旋帰国。

関連:クリス・ジェリコがケニー・オメガに挑戦表明!ジェイ・ホワイトが凱旋帰国!【新日本プロレス・2017年11月】

飯伏幸太選手との激闘を制した直後の棚橋弘至選手を襲撃したでけではあるが、凱旋帰国のインパクトは大きく、2018年1月4日・レッスルキングダム12・東京ドームでのIWGPインターコンチネンタル王座挑戦が決定!

しかしジェイ・ホワイト選手の優遇に不満を抱く王者の棚橋弘至選手が、その不満を解消すべく、タイトルマッチに勝利した場合は本隊に加入するように提案。

仮に16歳の年齢差マッチで敗れれば世代交代が強烈に印象付けられてしまう。一方のジェイは凱旋帰国からいきなり年間最大興行でIC王座挑戦という破格の待遇だが、新日プロ内での実績は皆無に等しい。周囲から「勝って当然」と見られる棚橋が負けた場合に失うものはあまりに大きすぎる。
そこで棚橋は見返りとして、現在一匹狼のジェイの“身柄”に着目。(自分が勝ったら)俺の軍門に下れ、と。本隊に入れて俺がキッチリ育て上げてやる。本隊の高齢化も進んでますし…(苦笑い)。凱旋帰国、反体制入りの流れにくさびを打ちますよと要求した。(引用:東スポweb

まだジェイ・ホワイト選手はどのユニットに所属するのかは明らかになっておらず、もちろん本隊に加入する可能性も残されている。

ジェイ・ホワイト選手がこの条件を飲むのか、それともすでに意中のユニットはあるのか。

イッテンヨンまでの残り34日、ジェイ・ホワイト選手がどこのタイミングで姿を見せるのか注目していきましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA