飯伏幸太と中邑真輔の初遭遇【2011.4.3】

【新日本プロレス・振り返りNo.67】

今回は2011年4月3日の飯伏幸太選手と中邑真輔選手!

スポンサーリンク

6人タッグマッチ

× 中西学vs〇 中邑真輔
ボマイェ
飯伏幸太外道
ケニー・オメガ邪道

2011年4月3日・後楽園ホール大会、DDTから参戦した飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手が中西学選手とタッグを結成。

CHAOSの中邑真輔選手、外道選手、邪道選手と対戦!

実はこの試合、リング上で飯伏幸太選手と中邑真輔選手が初遭遇を果たした日でもある。

当時の中邑真輔選手はIWGPヘビー級王座のベルトに目を向けていたが、飯伏幸太選手はジュニアヘビー級ながらすでに中邑真輔選手を意識。

―かなり厳しい闘いだった?
飯伏「そうっすね。負けたんですけど、ちょっと楽しかったですね。中邑さんに蹴りを仕掛けていったのは、逆に自分を覚醒させたかったので。自分が一番得意な打撃で、ちょっと中邑さんと勝負したかったので。先に仕掛けました
―実際、中邑真輔はどうだった?
飯伏「まだまだ、全然出し切ってないじゃないですか? もっとやりたいです。もっともっとやりたいですね。ケニーとのコンビネーション? いつもやってることなんで、とくに息が合わないってことはないんで。全然大丈夫です。味方の中西さんとは、もうちょっと長い時間組んでれば、何かしら3人でできたのかもしれないですけど。今日は、そこまで時間がなかったんで。次、組めたらいろいろやりたいことはあるんで
―今後も中邑真輔とは闘いたい?
飯伏「もちろんです」(引用:新日本プロレス公式サイト

覚醒、やっぱり当時から闘いのなかで通じ合うものがあったのかもしれませんね…

この日を最後に二人がリング上で交わることはなく、次の対戦は年間ベストバウトに輝いた2013年のG1 CLIMAX23公式戦まで待つことになる。

そして2015年、期待値が上がり切った状態で迎えたレッスルキングダム9のIWGPインターコンチネンタル王座戦で、二人はさらに素晴らしいプロレスを見せてくれた。

正直、当時はまだ異色対決でしかなかった二人の初遭遇が、これほどの刺激的な一戦になるなんて想像もしなかったです。

それから来月2017年11月16日、2011年の棚橋弘至と中邑真輔が発売されます。

当時の中邑真輔選手をより深く知りたい方、是非お買い求めください!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA