永田裕志がニュージャパンカップ2011優勝!【2011.3.20】

【新日本プロレス・振り返りNo.66】

今回は2011年3月20日の永田裕志選手!

スポンサーリンク

NEW JAPAN CUP2011にエントリーされた永田裕志選手は、3月13日・アクトシティ浜松大会のトーナメント1回戦でジャイアント・バーナード選手に勝利!

そして3月19日・愛知県体育館、トーナメント2回戦で田中将斗選手に勝利して準決勝進出!

こうして迎えた3月20日・ベイコム総合体育館大会、永田裕志選手はトーナメント準決勝で矢野通選手と対戦。

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

矢野通選手の奇襲と反則攻撃に苦しめられるも、リバースナガタロックIIIでフォール勝ちして、決勝戦に進出!

NEW JAPAN CUP2011 決勝戦

〇 永田裕志
バックドロップ
ホールド

vs

× 中邑真輔

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

決勝戦の相手は中邑真輔選手。

極め合い、蹴り合い、投げ合う二人の闘いはまさにプロレス。

最後は永田裕志選手がハイキックをクリーンヒットさせてバックドロップ、そしてとどめのバックドロップホールドで勝利、NEW JAPAN CUP2011優勝!

東日本大震災が発生してプロレスとは何かを問われる日々が続くなか、改めてプロレスの素晴らしさを見せつけてくれました。

永田「どうもありがとうございました! いや、ホントにこんな時期にね、プロレス会場にいっぱいお客さんが来て、プロレスを観て、大きな声で声援を送って、ハッピーエンドで終われた。……これがプロレスのパワーだな、と。たくさんの人が募金してくれて、選手もそれをサポートして、みんなで作ったパワーだな、と。これを被災地の方々に送って、少しでも助けになれば。これは、プロレスならではの、できたことなんじゃないかな、と。正直、こういう時期にはたして、プロレスの大会をやっていいのか、という迷いは誰しもあったと思うんですよね。ただ、その迷いをとりさってくれたのは、会場に集まって、声援を送って、プロレスを楽しんで、笑って帰ってくれたファンの人たち。そういう声援に応えなきゃ。これが、プロレスの愛というか……うまく言えないけど
(中略)
中邑「歩き続ければ、明日は来る、必ず。コケて何かをこぼしても、また拾い集めて立ち上がればいい。いつもそうだった。何度も何度も立ち上がる……それがプロレス、それが俺たち日本人でしょ? 必ずまた立ち上がり、歩き続ける

優勝した永田裕志選手はIWGPヘビー級王者の棚橋弘至選手への挑戦が決定。

そして敗れた中邑真輔選手は、5月からのメキシコ遠征をキッカケに徐々に変貌を遂げていくことになるのは、また先のお話…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA