飯伏幸太とケニー・オメガの物語に続きはあるのか?【G1クライマックス27】

新日本プロレス・2017年8月13日・G1 CLIMAX 27・両国国技館大会の飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手のバックステージの様子をご紹介。

スポンサーリンク

昨日のメインイベント終了後、内藤哲也選手に敗れたケニー・オメガ選手をバックステージで意外な人物が待ち受けていました。

#IBUSHI meets #KENNY ? #G127 Final in RYOGOKU #njpw #njpwworld

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

ヤングバックスの2人に担がれながらバックヤードをゆっくり歩くケニー。道の途中で飯伏幸太が待っている。飯伏のところに行こうとするケニーをヤングバックスの2人が止めようとするが、ケニーはそれを振り払い、飯伏のもとに向かう。
ケニーと飯伏が顔を近づけて小さな言葉で2、3会話を交わす。会話が終わると飯伏を振り払い、控室までの長い廊下の道をヤングバックスに担がれ歩いていく。飯伏はずっとその後ろ姿を見て控え室へ帰っていった。(引用:新日本プロレスリング公式サイト

ゴールデン☆ラヴァーズ復活は夢のまた夢だと思うようにしていたが、遠くない未来でまたゴールデン☆ラヴァーズが見れる予感。

現在の飯伏幸太選手も自分の方向性を考えている最中のようなので、今後も新日本プロレス参戦が続くならば、ケニー・オメガ選手との物語は続いていくと信じています。

終わりからの始まり、単純にG1 CLIMAX27が終わり、新しい闘いが始まっていくという意味か、それとも過去に終わりを迎えたゴールデン☆ラヴァーズが再び始まるという意味なのか…

今後の二人の動向もしっかりと追っていきたいと思います!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA