ケニー・オメガのコスチュームに込められた意味【G1クライマックス27】

新日本プロレス・2017年8月12日・G1 CLIMAX 27・両国国技館大会で披露されたケニー・オメガ選手のコスチュームをご紹介。

スポンサーリンク

昨日の両国国技館大会でお披露目されたケニー・オメガ選手の新コスチューム。

このコスチュームはケニーの希望により製作された。コンセプトはケニーと彼のライバルの融合。

ケニー・オメガ選手のライバルとは言うまでもなく飯伏幸太選手。

ケニー・オメガ選手の左足のレガースは飯伏幸太選手のと同じデザイン。

そしてお尻のデザインは、飯伏幸太選手のコスチュームと「ELITE」の文字をミックスさせたデザイン。

ケニー・オメガ選手の想いは間違いなくライバルの飯伏幸太選手にも届いているはず。

二人のリング上での再会を心待ちにしています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

「ケニー・オメガのコスチュームに込められた意味【G1クライマックス27】」への2件のフィードバック

  1. 私も見た瞬間に気付きました……( ;∀;)
    本当にこのG1の期間はケニーの飯伏への愛が爆発してましたねww
    しかし、これで内藤選手の優勝はほぼ確定になりましたね。外国人選手の二連覇、去年のリマッチ、決勝ではなく準決での日本語解禁……。US王座トーナメントで一回戦負けという結果からg1での内藤選手の優勝は予想されていましたが……。今年の新日本は良くも悪くもサプライズがないように感じます。全て予想された通りの結果になってしまっている。
    飯伏選手とケニーの一騎討ちはドームになりそうですが、出来ればIWGPヘビーという最高峰のベルトをかけてメインでやってほしい……。”新日本”のファンはそうでないかもしれないが”プロレス”ファンとしてはそれぐらい意味のあるものだと思います。
    スティーンvsジェネリコ、視させてもらいました。juuninntoiro様にはいつも感謝しております。いやぁ、懐かしかった( ;∀;)
    あの試合はPWGでのラダー戦につぐ、名勝負だと思います。DVDを持っていたのですが紛失してしまったので本当に嬉しかったです。有難うございました。

    1. これだからゴールデン☆ラヴァーズはたまらないですね…
      ケニー・オメガ選手の愛に対して、まだ飯伏幸太選手があまり応えていないところがもどかしくてやきもきしていまいます!

      昨年のケニー・オメガ選手の優勝はサプライズでしたので、今年は王道には王道の良さがあるという事で、デ・ハ・ポンの大合唱を楽しみましょう!
      今後の展開に関してですが、イッテンヨンのIWGPヘビー級王座戦はオカダ・カズチカ選手と内藤哲也選手しかないと思いますが、IWGPの冠が付いたベルトを賭けてゴールデン☆ラヴァーズが大暴れしてくれるのを楽しみにしています。

      こういう試合を毎週アップしてくれるROHに感謝ですね!
      最後の最後の瞬間まで素晴らしい試合でした、また時間がある時に取り上げますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA