《追記》「イヤァオ!」と叫びたくなる中邑真輔のキンシャサ14連発!【WWE・2017年7月】

WWEが「イヤァオ!」と叫びたくなる中邑真輔選手のキンシャサ14連発(14 Kinshasas from Shinsuke Nakamura that’ll make you scream “YeaOh!”)を公開!

スポンサーリンク

中邑真輔選手のWWE・NXT、SmackDown LIVEでのキンシャサ14連発!

今週火曜日に大一番を控える中邑真輔選手。

2017年8月1日(日本時間2日)にジョン・シナ選手と次期WWE王座挑戦者決定戦!

この試合の勝者がサマースラム2017(8月20日)でジンダー・マハル選手のWWE王座に挑戦。

ジョン・シナ選手の顔面にキンシャサ、いやボマイェをぶち込むことが出来るのか。

関連:中邑真輔がジョン・シナに勝利!WWE王座挑戦権獲得!【WWE スマックダウン・ライブ 2017.8.1】

今週のSmackDown LIVEをお楽しみに!

追記
ボマイェがキンシャサに変更された理由がコチラ!

僕の“ボマイェ”という必殺技が“キンシャサ”という名前に変更することが決まったのも、デビュー戦当日なんですよ。コーリー・グレイブスっていう元レスラーで実況アナウンサーをやっている人がもともと僕の大ファンで、しかも誕生日が一緒なんですよね。それで当日の会場で、彼からボマイェっていうのは“殺す”っていう意味だから、放送コードに引っかかると上から言われていて、何か別の名前に変えないといけないんだけどどうしよう?って言われたんですよ。「だけど俺が勝手に適当な名前に変更しちゃったら、俺がプロレスファンからブーイングを浴びちゃうよ」って言ってて。彼はボマイェという言葉の意味も、それがジョージ・フォアマンvsモハメド・アリの“キンシャサの奇跡”から来てるということも知っていて、「アリはアメリカンヒストリーだから問題ないのになあ」ってぼやきつつも「じゃあ、どうしよう?」って一緒に考えたんですよね。それで僕がじゃあ、キンシャサでどう?って言ったんですよ。それで実況の時に「キンシャサー!」って叫んでもらったんですよね。つまり、最後のフィニッシュシーンで彼が「キンシャサー!」って叫んだ時がキンシャサ誕生の瞬間ですね。(引用:sportingnews.com/jp

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA