「ヤングライオン杯」復活を強く希望します!【新日本プロレス・2017年7月】

新日本プロレス 2017.7.4 LION’S GATE PROJECT7 新宿FACE大会で永田裕志選手が「ヤングライオン杯」復活を提案!

スポンサーリンク

昨日の試合後のマイクで、永田裕志選手が LION’S GATE PROJECT の今後についてコメント。

“”『LION’S GATE』、今回も我々の年代が締めることになってしまいましたが、次の『LION’S GATE』は………(客席からいつですか?)まだ、決まってないですね(※場内が爆笑)。ただ、今日も一人、若い選手がデビューしてますしね。そして、他団体の若い選手もどんどん参戦してきてくれています。この『LION’S GATE』の舞台で、そろそろ“ヤングライオン杯”を復活させてはと思ってるんですけど、みなさんどうですか?(※場内大歓声)。若い選手が充実して、やっぱり毎回お客様の熱気を感じ取って。これだけ若い選手が増えたら、やりましょう、ぜひ!まあ、いまここで僕が発言したからといって、決定ではないんですけどね(苦笑)。まあ、みなさまの民意をね、新日本プロレスサイドがしっかり汲んでね。近い将来、ヤングライオン杯ができることをみんなで祈念して、よし、締めるぞ!1,2,3、ゼアッ!“”(引用:新日本プロレス公式サイト

まず次回大会は未定。

G1 CLIMAX27終了後、海外遠征組が日本を空けている間に開催かと思いましたが、9月のDESTRUCTIONシリーズ後が濃厚。

2017年4月の第4回大会で約7カ月ぶりに再開してからは、4カ月連続で開催されていたので、また半年以上間が空くようなことなく継続してもらたいたい。

そしてヤングライオン杯、こちらも未定ですが、個人的には復活を強く希望します!

ヤングライオン杯とは、その名の通り、ヤングライオン(新日本プロレスの若手選手)たちによる大会。

シリーズを通してリーグ戦を行い、優勝者には海外遠征の特典が与えられていました。

昨日デビューした成田蓮選手を含め、現在新日本プロレスのヤングライオンは8人。

川人拓来金光輝明(欠場中)
ヘナーレ(欠場中)岡倫之
北村克哉海野翔太
八木哲大成田蓮

怪我人が復帰すれば、リーグ戦方式でもトーナメント方式でも十分に開催可能!

まだデビュー前のヒクレオ(タウラ)選手も控えていますし、若い人材が豊富なうちに、この伝統を復活させてほしいと思います。

新日本プロレスさんに少しでも民意を汲んでもらえるように、ヤングライオン杯の復活を望んでいる方は、声を上げましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA