2017年1.4東京ドームで見たい試合~IWGPヘビー級編

先日新日本プロレスG1 CLIMAX26が終わったばかりですが、ものすごく気の早い2017年1.4東京ドーム大会「WRESTLE KINGUDOM11」のカード予想をしたいと思います!

まずはIWGPヘビー級から!

1.4までの流れ

予想をする上で確認しておきたいのが1.4までの流れ。

残りのビッグマッチは9月DESTRUCTION(東京・広島・神戸)、10月KING OF PRO-WRESTLING(両国)、11月POWER STRUGGLE(大阪)。

昨年は10月のKING OF PRO-WRESTLING後に1.4カード第1弾として発表された。

なので、今年もIWGPヘビー級王座戦、IWGP挑戦権利証戦ともに防衛戦は9月・10月のみと仮定して考える。

DESTRUCTION

9月DESTRUCTIONのカード発表はまだされていないが、おおむね決定している。

IWGPヘビー級王座戦は、オカダ・カズチカ選手vs丸藤正道選手。

IWGP挑戦権利証戦は、ケニー・オメガ選手vsYOSHI-HASHI選手。

どちらもG1で敗れた相手へのリベンジマッチ。

両選手ともにここは勝利し、次のシリーズへ続く。

KING OF PRO-WRESTLING

10月KING OF PRO-WRESTLINGは、例年通りだと最後の防衛戦になる。

IWGPヘビー級王座戦は、オカダ・カズチカ選手vsバッドラック・ファレ選手の可能性が濃厚。

8.14両国のリング上で宣言した以上、この闘いは避けられない。

難しいのがIWGP挑戦権利証戦。

ケニー選手が首を縦に振り、なおかつ1.4の挑戦者にも相応しい相手でなければいけない。

というわけで、IWGP挑戦権利証戦はケニー・オメガ選手vs飯伏幸太選手。

G1優勝後にメッセージを送った元パートナーが早くも反応。

9月DESTRUCTIONでの挑戦権利証戦防衛後に飯伏選手がやってきて、正々堂々シングルマッチをすることを約束。

10月KING OF PRO-WRESTLINGで飯伏選手が勝利し、二人は和解、そしてゴールデンラヴァーズ復活!

まとめ

私的1.4東京ドーム「WRESTLE KINGUDOM11」メインイベントIWGPヘビー級王座戦は、オカダ・カズチカ選手vs飯伏幸太選手。

2017年1.4東京ドームWRESTLE KINGUDOM11メインイベント

このカードならプロレス界全体にも世間にも響くのではないでしょうか。

約3ヶ月近く続く前哨戦も、飯伏選手がスポット参戦という形なら1.4までカードの新鮮さも保てる。

ケニー選手と飯伏選手の試合ならもっと素晴らしいシチュエーションも考えられるが、これを機に二人が堂々とタッグを組んで活動できると思えば、そのタイミングは早いほうが良いと思う。

契約などの細かいことはわかりませんが、次の機会というものが、もうしばらく訪れることがなくなってしまうということは、新日本プロレスファンは2016年の1月に思い知らされたはず。

さあ、このカードが実現するか頭の片隅に置きながら、2016年残りの新日本プロレスも大いに楽しんでいこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)